わが母の記

わが母の記

ワガハハノキ

2012年4月28日(土)公開 / 上映時間:118分 / 製作:2011年(日本) / 配給:松竹

(C)2012「わが母の記」製作委員会

解説 昭和の文豪・井上靖が45年前に綴った自叙伝的小説『わが母の記~花の下・月の光・雪の面~』を、『クライマーズ・ハイ』の原田眞人監督が映画化。疎遠だったために息子への愛を必死に確かめようとする母と、母を理解して受け入れようとする息子の葛藤を、普遍的な家族の問題として描く。主演の役所広司を筆頭に、樹木希林、宮崎あおいら豪華キャストの共演で織りなされる親子の絆の物語に感動必至だ。

ストーリー 幼い頃、両親と離れて育てられていた小説家の伊上洪作は、母・八重と距離を置いて暮らしていた。しかし、父の訃報を機に八重の面倒を見ることになった妹・桑子が、八重を連れて伊上家を訪ねてくる。物忘れが酷くなった八重の言動に、伊上は苛立つのだが……。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:原田眞人

キャスト

伊上洪作:役所広司
八重:樹木希林
琴子:宮崎あおい
桑子:南果歩
志賀子:キムラ緑子
ミムラ
紀子:菊池亜希子
瀬川:三浦貴大
貞代:真野恵里菜
隼人:三國連太郎

わが母の記の画像