映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

スリ(1959年)

スリ
PICKPOCKET

解説

R・ブレッソンが「抵抗」に続いて発表した異色作。ソルボンヌの貧しい学生ミシェルは、手先が器用なことからスリをして生計をたてている。そうするうちに病みつきになり、腕を磨いてプロのスリになった。ジャンヌは、そんなミシェルにひそかに思いを寄せるのだが……。前作「抵抗」で脱獄の克明な描写に徹したブレッソンが、この作品ではスリの驚くべき手口の数々をドキュメンタリー・タッチで、凝視する。競馬場でのスリ、アパートの一室で上着から財布を抜き取る練習、地下鉄の車内とプラットホームでのスリなど、スリのテクニックの多彩さには驚かされる。出演者は、ほとんどのブレッソン作品がそうであるように全員が素人で、映画の中でスリの頭目を演じ、同時にスリの演技指導を行っているのは、有名な魔術師のカッサジである。撮影はパリ市内と北駅などでロケされた。

上映時間:75分 / 製作:1959年(仏)

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー