クビ

上映時間:100分 / 製作:1968年(日本) / 配給:東宝

解説 映画「真昼の暗黒」の原作者で弁護士の正木ひろしの原作をもとに、東宝青春映画を撮り続けていた森谷司郎が、弁護士の執念を正攻法で描いた作品。昭和18年の冬、一人の鉱夫が警察で死んだ。死因は脳溢血ということだったが、遺族はそれを不満とし、正木に調査を依頼してくる。正木も死因を拷問死だと思うが、死体はすでに埋葬されていた。正木は警察の圧力にも屈せず、死因究明のため死体を掘り返し、首を切断して持ち帰る。鑑定の結果、鉱夫の死因は脳溢血ではなく殴打によるものだとわかった。白黒スタンダードを生かした森谷の演出に対し、正木役の小林桂樹が熱演で応えている。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:森谷司郎

キャスト

小林桂樹
南風洋子
佐々木孝丸
三津田健
清水将夫
神山繁