映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

イレイザーヘッド

イレイザーヘッド

イレイザーヘッド
ERASERHEAD

解説

フィラデルフィアの工業地帯。モジャモジャ頭のしがない印刷工ヘンリー・スペンサーはいつも縮んだダークスーツをまとい、歩幅の狭い異様な歩き方の男だった。ある日、ガールフレンドのメアリーXの家に行くと、奇怪な赤子を産んだと告白される。彼は驚くことなく彼女との結婚を決意する。しかし二人の生活はたえず赤子のピーピーという異様な泣き声に煩わされる。メアリーはノイローゼになり家出。ヘンリーは次第に悪夢と狂気の世界に入りこみ、赤子をハサミで刺し殺す。すると、ラジエーターの中から奇妙な小人女の幻影が現れる……。「エレファント・マン」の前作に当たるリンチのカルト映画。自主製作の長編デビュー作で、5年の歳月をかけて完成。深夜の名画座で若い観客の熱狂的な支持を得た“ミッドナイト・カルト“の典型でもある。白黒画面の寒々とした悪夢の雰囲気は本当に不気味。ドルビーステレオで再録音した約15秒長い“完全版“も生まれた。

製作:1977年(米)

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー