ニュー・シネマ・パラダイス

ニュー・シネマ・パラダイス

ニューシネマパラダイス
NUOVO CINEMA PARADISO

[PG-12] / 製作:1989年(伊=仏)

(C)1989 CristaldiFilm

解説 古き良き時代の映画館を舞台に、映画を愛し映画館に通った人々の人生模様をノスタルジックに描く、製作時29歳のG・トルナトーレ監督の秀作。シチリア島の映画青年サルバトーレは、幼い頃から映画館パラダイス座の映写技師アルフレードを慕い、自分も映写技師となるが、初恋、徴兵と青春時代を駆け抜ける彼に、アルフレードは島を出るように勧める。それから30年後、映画監督となったサルバトーレが、アルフレードの死の知らせを聞いて島に帰ってきた時、パラダイス座は廃館となっていた。フィルムの1コマ1コマに対する映写技師の熱い思いがラスト・シーンに結実する。175分の完全版も公開された。また2005年にはデジタル・リマスター版が公開され話題を呼んだ。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽:エンニオ・モリコーネ

キャスト

アルフレード:フィリップ・ノワレ
サルヴァトーレ:ジャック・ペラン
アニェーゼ・ナーノ
サルバトーレ・カシオ
マリオ・レオナルディ
サルヴァトーレの母:プペラ・マッジオ
司祭:レオポルド・トリエステ
若き日のサルヴァトーレの母:アントネラ・アッティーリ
パラダイス座支配人:エンツォ・カナヴァレ
アンナおばさん:イサ・ダニエリ

劇場の案内人:レオ・グロッタ
鍛冶屋:タノ・チマローサ
広場をうろつく男:ニコラ・ディ・ピント

ニュー・シネマ・パラダイスの画像