映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

女が階段を上る時

オンナガカイダンヲノボルトキ

解説

菊島隆三のオリジナルの脚本を演出した成瀬巳喜男監督の名作。夫の死後、生活のために高級バーの雇われマダムになった女と、その周囲に生きる人間たちの生態を描く。身体を張ってのし上がっていく同僚たちを尻目に、貧しくとも堅気の生活に戻りたいと願う主人公を高峰秀子が気高く演じた。男たちに思いを踏みにじられても涙を見せない凛とした姿が美しい。仲代達矢扮する若いマネージャーが捧げる真の愛情にゆらめきながらもふと思いとどまる一種の禁欲性に、成瀬メロドラマの真骨頂が見出せる。なお、題名は高峰の勤めるバーがビルの2階にあることに由来する。

上映時間:111分 / 製作:1960年(日本) / 配給:東宝

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー