悪い奴ほどよく眠る

ワルイヤツホドヨクネムル

上映時間:150分 / 製作:1960年(日本) / 配給:東宝=黒澤プロ

解説 当時ひんぱんに起きていた政治汚職をテーマにした黒澤明の力作で、黒澤プロの第1回作品。父親を汚職事件の犠牲で失った孤児・西幸一が、父親を死に追いやった元凶である政治家たちに様々な方法で復讐していくが、悪の根源はもっと深いところにあった。現代悪の汚職にメスを入れるというきわめて社会性の強いテーマながら、黒澤明は娯楽映画としても十分楽しめるように、スリルとサスペンスに富んだ作品に仕上げた。その反面、汚職の核心の部分が薄められてしまった点は否めない。西幸一に扮した三船敏郎はやや一本調子だが、老政治家に扮した森雅之のキャリアの重みを感じさせる巧演は見事。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:黒澤明

キャスト

西幸一:三船敏郎
岩淵(公団副総裁):森雅之
守山(公団管理部長):志村喬
息子 辰夫:三橋達也
娘 佳子(西の妻):香川京子
板倉(西の友人):加藤武
白山(公団契約課長):西村晃
和田(課長補佐):藤原釜足