虹をつかむ男

ニジヲツカムオトコ

1996年12月28日(土)公開 / 上映時間:120分 / 製作:1996年(日本) / 配給:松竹

解説 渥美清が亡くなったために終了した“男はつらいよ“シリーズに代わって、1997年、松竹の正月映画として登場した人情ドラマ。大学を出たものの職もなく、ツキもない平山亮は、親と衝突して家を出る。瀬戸内海の小さな町にやって来た亮は、古ぼけた映画館に雇われることになる。映画館は社長の白銀活男と映写技師の常さんの二人で頑張っていた。活男は、常連の八重さんに想いを寄せているが、映画のようには愛を告白できずにいた。亮は活男にハッパをかけるが、活男は煮え切らない。おまけに、借金がかさみ映画館を閉めると言い出して……。

情報提供:ぴあ