サマンサ・モートン

サマンサモートン

セントラル・ジュニア・テレビジョン・ワークショップで演技を勉強し、13歳の時からTVで活動を始め、カリーヌ・アドラー監督の「アンダー・ザ・スキン」(1997)で高く評価される。「ギター弾きの恋」(1999)や「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」(2003)で、アカデミー賞にノミネートされるなど注目の女優の一人。