ジュリー・デルピー

ジュリーデルピー

1975年に子役として映画初出演し、「ゴダールの探偵」(1985)で本格的デビューを飾る。翌年のレオス・カラックス監督作品「汚れた血」での、鮮烈な存在感でさらなる注目を集め、その後も順調にヨーロッパを代表する若手トップ女優として活躍。「三銃士」(1994)でハリウッド進出を果たした。

こちらもオススメ