ジョン・セイルズ

ジョンセイルズ

ロジャー・コーマンの下、「アリゲーター」(1980)「ハウリング」(1981)などの脚本を書き、その原稿料をもとに監督第1作目を撮る。その後は、様々なタッチの作品を撮り続けている。