コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ガラスの仮面ですが」高見沢俊彦が敵のボス役&主題歌

360

美内すずえ原作のアニメ映画「ガラスの仮面ですが THE MOVIE 女スパイの恋! 紫のバラは危険な香り!?」の主題歌を、THE ALFEEの高見沢俊彦が担当している。高見沢はゲスト声優としても出演する。

本日5月15日、都内のアフレコスタジオにて記者会見が行われ、高見沢が登場。これが声優初挑戦となる高見沢が演じるのは、映画オリジナルキャラクターのティエリ・アル・テンセン役。最新兵器を扱う、悪の組織のボスという役どころだ。

オファーを受けた当初、「俺が速水さん役?」 と思いながら打ち合わせに行ったが、ギャグアニメでとても驚いたと話す高見沢。今作では作中で一番長いセリフにも挑戦し、ときに噛みながらも無我夢中でアフレコに臨んだという。

悪役を演じることについては、「(THE ALFEEでは)悪役は桜井ですので、僕は正義の味方としてやってきたつもり。僕でいいんですか?」と語り、会場の笑いを誘った。現在THE ALFEEは全国ツアー中だが、メンバーには声優を務めることをまだ話していないといい、「(メンバーの)反応が楽しみですね」と語った。

なお映画の主題歌となる高見沢の書き下ろし楽曲は、目下制作中。もともと原作を愛読していたという高見沢が「僕の中にある『ガラスの仮面』のイメージを最大限発揮した、大仰な曲」だといい、終盤には「ものすごく長い」ギターソロが盛り込まれている模様だ。ファンは曲の仕上がりを楽しみにしておこう。

「ガラスの仮面ですが」はマヤや亜弓などお馴染みの「ガラかめ」キャラクターたちが、さまざまなシチュエーションで大暴れするギャグアニメ。「秘密結社 鷹の爪」などで知られるDLEが制作を手がけ、BS12ch TwellVではTVアニメ版も放送中だ。6月22日にユナイテッド・シネマにて全国公開される映画版では、マヤ、亜弓、月影が、国際的なスパイトリオ「紅の天女」の一員として登場する。

コミックナタリーをフォロー