コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

月刊ヤンキンがヒロイン主義に転向、ピンナップに皆川亮二

51

月刊ヤングキング(少年画報社)が、本日7月19日に発売された9月号にてリニューアルを行った。「ヒロイン至上主義」への転向を表明しており、表紙は「ガッデス」の塩崎雄二が執筆している。

リニューアル第1弾の巻頭ピンナップには、「スプリガン」「ADAMAS」で知られる皆川亮二が登場。「ヒロイン」をテーマにイラストを描き下ろしている。付録は甘詰留太描き下ろしによる「ハッピーネガティブマリッジ」のクリアファイル。一見するとヒロイン・秋緒のエプロン姿がデザインされたものだが、ファイルされた台紙を抜き取るとイラストの一部が変化する驚きの仕掛けが。1枚で2種類のイラストが楽しめる寸法だ。

また今号では、ヤングキング系列誌からの移籍新連載をラインナップ。上山道郎「ツマヌダ格闘街」、塩野干支郎次「ブロッケンブラッド」、鈴木恭太郎「ブレイドブレイカー」、さめだ小判「ちあ~ず!」がスタートした。またリニューアル準備中のチェンジH(少年画報社)から、期間限定参入としてポン貴花田、内々けやき、春夏秋冬鈴の作品も掲載されている。

リニューアルを記念して、一部書店では月刊ヤングキング作家28名の描き下ろしメッセージペーパーを配布中。COMIC ZINでは9月号購入者に12名のペーパー集を付け、残り16名分も10・11月号の発売時に配布する。ほかにも全ペーパーをランダムでプレゼントする書店もあり、配布方法は店ごとに異なるため注意しよう。

コミックナタリーをフォロー