西尾維新×出水ぽすか「魔老紳士ビーティー」がUJに、「岸辺露伴」小説集も

1521

本日10月19日に発売されたウルトラジャンプ11月号(集英社)には、荒木飛呂彦「魔少年ビーティー」を原案とした、西尾維新と出水ぽすかのタッグによる読み切り「魔老紳士ビーティー」が掲載されている。

「魔老紳士ビーティー」扉ページ

「魔老紳士ビーティー」扉ページ

大きなサイズで見る(全3件)

原案となった「魔少年ビーティー」は、週刊少年ジャンプ(集英社)にて1980年代に発表された荒木の連載デビュー作。ありとあらゆる手品やトリックを自由自在に使いこなす不思議な少年・ビーティーと、友人の公一が体験するさまざまな怪事件が描かれる。読み切り「魔老紳士ビーティー」の舞台となるのは「魔少年ビーティー」から60年後の世界。とある事件に巻き込まれてしまった公一を救うため、老人となったビーティーが動き出す。

なお今号には荒木の「岸辺露伴は動かない」が題材の短編小説を収めた文庫サイズの冊子第4弾が付属。冊子には北國ばらっどの短編2本が収録されている。さらに荒木が審査員を務めるマンガ賞「荒木飛呂彦漫画賞」の結果が発表されており、準大賞を獲得した読み切り3本も今号に掲載された。

この記事の画像(全3件)

関連記事

荒木飛呂彦のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 荒木飛呂彦 / 出水ぽすか の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。