劇場アニメ「神在月のこども」10月8日公開決定、主人公の両親役に柴咲コウと井浦新

109

劇場アニメ「神在月のこども」の公開日が10月8日に決定。併せて追加キャスト、本予告映像、本ビジュアルが発表された。

上段左から柴咲コウ、柴咲演じる葉山弥生。下段左から井浦新、井浦演じる葉山典正。

上段左から柴咲コウ、柴咲演じる葉山弥生。下段左から井浦新、井浦演じる葉山典正。

大きなサイズで見る(全5件)

「神在月のこども」は、全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議“神議り(かみはかり)”を行うという出雲の伝承を題材にしたオリジナル作品。主人公・カンナの亡くなった母親である葉山弥生役を柴咲コウ、カンナを男手ひとつで支える父親・葉山典正役を井浦新が演じる。柴咲と井浦からは、それぞれコメントが寄せられた。

劇場アニメ「神在月のこども」本ビジュアル

劇場アニメ「神在月のこども」本ビジュアル[拡大]

本予告映像は、母・弥生を亡くした喪失感を拭えないカンナの前に、鬼の少年・夜叉が現れるシーンからスタート。大好きだった走ることと向き合いながら、母の面影を追って出雲を目指すカンナの成長を捉えた内容に仕上がっている。また本ビジュアルには、出雲を背景に力強い眼差しを向けるカンナとともに、神使の兎・シロ、弥生、典正、夜叉、龍神の姿が描かれた。なおカンナには蒔田彩珠、シロには坂本真綾、夜叉には入野自由が声をあてている。

柴咲コウ(葉山弥生役)コメント

主人公カンナの母、弥生役で出演させて頂いております。走るのが好きで朗らかで正直でまっすぐな弥生の背中を見てカンナは育ったんだと思います。日本人は人間がコントロールできない“大切なもの”を無意識のうちに知っているのではないかと思っていてそれを思い出させてくれる力強さを持った作品です。昨今の激動の世界でも普遍的な作品になっていると信じています。大人も子供も前を向いていけるようなそんな「神在月のこども」、ぜひともご覧ください。

井浦新(葉山典正役)コメント

私が演じたカンナの父親、典正は本当に不器用な父親だと思います。妻でありカンナの母でもある弥生を失った後、カンナを一番に思うけれども娘とうまく向き合うことができない典正は世の中の父親代表だと思って演じました。私自身、出雲の神話に非常に興味があります。神話をベースにしたカンナの旅、出雲の風景には胸が高まります。
「神在月のこども」は家族の物語であると同時に出雲の神話を通して日本の源流を巡る旅でもあります。ぜひ劇場でご覧ください。

この記事の画像・動画(全5件)

劇場オリジナルアニメ「神在月のこども」

2021年10月8日(金)公開

スタッフ

原作・コミュニケーション監督:四戸俊成
アニメーション監督:白井孝奈
脚本:三宅隆太、瀧田哲郎、四戸俊成
キャラクターデザイン・総作画監督:佐川遥
神様デザイン:小田裕康
色彩設計:垣田由紀子
美術監督:佐藤豪志
撮影監督:高津純平
音響監督:岩浪美和
クリエーション監督:坂本一也
絵コンテ:白井孝奈、坂本一也、望月智充
統括プロデューサー:オシアウコ
プロデューサー・ロケーション監督:三島鉄兵
プロデューサー:吉田佳弘
プロダクションマネージャー:里見哲郎
スーパーバイザー:諏訪道彦
企画:クリティカ・ユニバーサル
制作:ライデンフィルム
音楽:ソニー・ミュージックレーベルズ
統括:GUM
宣伝:パジー・エンタテインメント
配給:イオンエンターテイメント

キャスト

カンナ:蒔田彩珠
シロ:坂本真綾
夜叉:入野自由
カンナ(幼少期):新津ちせ
ミキ:永瀬莉子
龍神:高木渉
事代主(恵比寿天):茶風林
大国主:神谷明
葉山弥生:柴咲コウ
葉山典正:井浦新

※高津純平のの高ははしごだかが正式表記。

全文を表示

関連記事

入野自由のほかの記事

リンク

(c)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 入野自由 / 柴咲コウ / 井浦新 / 蒔田彩珠 / 坂本真綾 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。