劇場アニメ「神在月のこども」今秋公開、追加キャスト3人と主題歌流れる予告も

62

劇場アニメ「神在月のこども」の公開が今秋に決定。合わせて追加キャスト、予告映像が解禁された。

劇場アニメ「神在月のこども」の追加キャスト。上段左から高木渉、茶風林、永瀬莉子。下段左から高木演じる龍神、茶風林演じる事代主(恵比寿天)、永瀬演じるミキ。

劇場アニメ「神在月のこども」の追加キャスト。上段左から高木渉、茶風林、永瀬莉子。下段左から高木演じる龍神、茶風林演じる事代主(恵比寿天)、永瀬演じるミキ。

大きなサイズで見る(全9件)

劇場アニメ「神在月のこども」キービジュアル

劇場アニメ「神在月のこども」キービジュアル[拡大]

「神在月のこども」は全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議を行うという島根・出雲の伝承を題材に、人々と神々、各地と出雲、この島国の根にある“ご縁”という価値観を描くオリジナル作品。主人公のカンナの同級生・ミキ役は永瀬莉子、出雲を治める神・事代主(恵比寿天)役は茶風林、龍神役は高木渉がそれぞれ演じることが発表された。

またmiwaが歌う主題歌「神無-KANNA-」に乗せた予告映像は、カンナが雲の中を落ち、亡くした母を追いかける幼少期の記憶から始まる。諏訪の龍神から「今宵の祭りに間に合わなければ、この島国が大きく揺らぐことになろうぞ」という言葉を受けたカンナが、数々の困難を乗り越えながらも東京から出雲を目指し、雨の中険しい道を走り駆け抜ける姿が収められた。予告には今回出演が発表された永瀬、茶風林、高木が演じるキャラクターのほか、カンナの幼少期、キャスト未発表となるカンナの母・弥生の姿も映し出されている。

この記事の画像・動画(全9件)

劇場オリジナルアニメ「神在月のこども」

2021年秋公開

スタッフ

原作・コミュニケーション監督:四戸俊成
アニメーション監督:白井孝奈
脚本:三宅隆太、瀧田哲郎、四戸俊成
キャラクターデザイン・総作画監督:佐川遥
神様デザイン:小田裕康
制作:ライデンフィルム
音楽:ソニー・ミュージックレーベルズ

キャスト

カンナ:蒔田彩珠
シロ:坂本真綾
夜叉:入野自由
カンナ(幼少期):新津ちせ
ミキ:永瀬莉子
龍神:高木渉
事代主(恵比寿天):茶風林
大国主:神谷明

全文を表示

関連記事

蒔田彩珠のほかの記事

リンク

(c)2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 蒔田彩珠 / 永瀬莉子 / 高木渉 / 茶風林 / miwa / 神在月のこども の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。