書店員コンビが街にあふれる怪異に挑む「怪異と乙女と神隠し」1巻

102

ぬじま「怪異と乙女と神隠し」の1巻が、本日4月10日に発売された。

「怪異と乙女と神隠し」1巻

「怪異と乙女と神隠し」1巻

大きなサイズで見る(全11件)

物語の舞台は首都圏の中心駅にある、やたらと警戒標識の多い街。この街の書店では、怪異好きで作家志望の緒川菫子(おがわすみれこ)と、彼女だけにやたらと話しかけてくる少年・化野蓮(あだしのれん)が働いている。15歳のときに小説で新人賞を受賞してから、ずっとスランプに陥ってた菫子。ある日、謎の本に書いてあった一節を声に出して読むと、なぜか子供の身体になってしまい……。菫子と蓮の書店員コンビが、街にあふれる数々の怪異を解いていく。なお本作は小学館のWebサイト・やわらかスピリッツで連載中。

一部のアニメイト、紀伊國屋書店、三省堂書店、とらのあな、文教堂、メロンブックス、リブロ、あゆみBOOKS、オリオン書房では、単行本の購入者に特典ペーパーを配布。BOOK☆WALKERでも電子特典が用意されている。

この記事の画像(全11件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。