白泉社電子書籍大賞は2年連続「なまいきざかり。」、優秀賞にフルバも

908

白泉社が2019年度白泉社電子書籍大賞を発表。2018年度に続き、ミユキ蜜蜂「なまいきざかり。」が大賞に選ばれた。

「なまいきざかり。」1巻 (c)ユキ蜜蜂/白泉社

「なまいきざかり。」1巻 (c)ユキ蜜蜂/白泉社

大きなサイズで見る(全10件)

白泉社の電子書籍作品の中から売り上げ上位10作品に贈られる白泉社電子書籍大賞。大賞の「なまいきざかり。」は、しっかり者の由希と生意気な年下男子・成瀬の関係を描いたラブコメディだ。花とゆめ(白泉社)にて連載中で、単行本の最新18巻が2月20日に発売された。ミユキは「昨年に引き続きまたこのような賞をいただけてとても光栄です。自分の作品が電子書籍という形でたくさんの読者さんの元に届いているということを改めて実感しています」と喜びのコメントを寄せている。

2019年度白泉社電子書籍大賞の集計期間は、2019年1月1日から12月31日まで。優秀賞は草凪みずほ「暁のヨナ」、幸村アルト「コレットは死ぬことにした」、羽海野チカ「3月のライオン」、高屋奈月「フルーツバスケット」、仲村佳樹「スキップ・ビート!」、夢木みつる「砂漠のハレム」、あきづき空太「赤髪の白雪姫」、千歳四季「蒼竜の側用人」、森山絵凪「この愛は、異端。」の9作品が受賞している。

この記事の画像(全10件)

ミユキ蜜蜂コメント

昨年に引き続きまたこのような賞をいただけてとても光栄です。
自分の作品が電子書籍という形で
たくさんの読者さんの元に届いているということを改めて実感しています。
作品を読んでくださる方々、
作品を広めてくださる関係者の方々に感謝でいっぱいです。

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

ミユキ蜜蜂のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 ミユキ蜜蜂 / 草凪みずほ / 羽海野チカ / 仲村佳樹 / 森山絵凪 / 幸村アルト / 高屋奈月 / 夢木みつる / あきづき空太 / 千歳四季 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。