コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「サザエさん」50周年記念番組が本日OA、第1回の映像や長谷川町子の素顔も

377

「サザエさんアニメ50周年記念 誕生秘話に迫る “サザエさんと町子さん”」より。

「サザエさんアニメ50周年記念 誕生秘話に迫る “サザエさんと町子さん”」より。

ドキュメンタリー番組「サザエさんアニメ50周年記念 誕生秘話に迫る “サザエさんと町子さん”」が、本日10月5日15時30分よりフジテレビで放送される。

1969年10月5日に放送が開始されてから、本日で50年を迎えたアニメ「サザエさん」。番組では「サザエさん」の生みの親である長谷川町子の素顔と、アニメの50年の歴史を1時間にわたり紐解いていく。番組冒頭では、アニメの第1回放送から「75点の天才!」の映像をオンエア。カツオが珍しく75点のテストを持ち帰るが、あとから0点のテストが次々と出てきて一家がてんやわんやの大騒動になるというエピソードだ。50年間での絵柄の変化や、現在までサザエを演じ続ける加藤みどりの当時の演技などを楽しむことができる。

また1946年4月22日に福岡の新聞に掲載された、原作マンガの第1回の原画も登場。26歳で「サザエさん」の連載を始めた長谷川が、28年間もの長期連載のなかで「もう辞める!」と筆や原稿用紙を燃やしてしまったり、サザエさん一家が長谷川を見送るマンガを掲載して休載宣言をするといったエピソードも、秘蔵イラストを交えながら紹介する。

さらにアニメ制作の裏側も公開。アニメでは各話に必ず原作のエピソードが使用されており、視聴者が常に番組を新鮮な気持ちで見ることができるよう、1度使用したエピソードはその後2年間は使用しないことが決まりになっているという。そうした制作上の工夫に加え、アニメに登場する家具や景色、衣装へのこだわりなどが明かされる。

渡辺恒也(フジテレビ編成部)コメント

ついに前人未到の50周年を迎えるアニメ『サザエさん』がいかにして誕生したか、その歴史と秘話に迫るドキュメンタリーです。今までアニメを楽しんでいただけている方にも、改めて『サザエさん』という作品の魅力を感じてもらえる一時間となっています! アニメ『サザエさん』を知るための永久保存版とも言える特別番組ですので、是非お見逃しなく!

「サザエさんアニメ50周年記念 誕生秘話に迫る “サザエさんと町子さん”」

フジテレビ:2019年10月5日(土)15:30~16:30
出演:川口淳二(長谷川町子美術館)、毛内節夫(エイケン)

(c)長谷川町子美術館

コミックナタリーをフォロー