コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

劇場版「シンカリオン」新幹線試験車両・ALFA-Xがシンカリオンに!特報映像公開

1697

TVアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の劇場版タイトルが「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」に決定。12月に全国公開される。

2018年1月にスタートし、本日6月29日に最終話を迎えたTVアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、新幹線をこよなく愛する主人公・速杉ハヤトとその仲間たちが、実在する新幹線から変形する巨大ロボット「シンカリオン」の運転士となり巨大な敵に立ち向かう作品。ALFA-Xは次世代新幹線開発を進めるためのJR東日本の試験車両で、このたび解禁された本作の特報映像やティザービジュアルにも登場した。さらに特報映像では新キャラクターの姿や、プレゼント付き前売券情報も公開されている。

併せて監督の池添隆博と速杉ハヤト役の佐倉綾音からコメントも到着。池添監督は「最終話まで応援いただきありがとうございました!」と感謝を述べ、「皆さんにも喜んでもらえるような仕掛けもあります」とファンへメッセージを贈った。佐倉は「私も小さいころ、子どもたちに夢をそそぐ作品に胸をときめかせて映画館に足を運んでいました。今度は大きくなった私たち大人がスクリーンで夢をそそぐ番なのだと、心持ちを新たにしています」と意気込みを寄せている。

なお映画化を記念して、7月より新たにBS-TBS、TOKYO MXでTVシリーズが第1話から放送されることも決定。8月11日には佐倉、男鹿アキタ役の沼倉愛美、大門山ツラヌキ役の村川梨衣、ゲンブ役のマックスウェル・パワーズらが出演するイベント「超進化研究所がおくる! 夏のシンカリオン感謝祭2019」が東京・イオンシネマシアタス調布にて開催される。また映画のマンガ版の連載が、7月1日に発売されるてれびくん8月号(小学館)にてスタート。公開に先がけて映画のストーリーが楽しめる。

さらに映画化を記念したクラウドファンディング企画が7月1日11時にスタート。入手困難となっているプラレール「シンカリオン 500 TYPE EVA」の復刻版と、作品紹介やインタビューなどを100ページ以上にわたり収めた書籍がセットになった「復刻版500 TYPE EVA 新パッケージver.&超全集BOX スペシャルセット」が、3000セット以上の注文で商品化される。「超全集BOX」には付録として「ヒロイン・上田アズサ運転士スーツ姿特製ポスター」「版権イラスト&設定資料 完全図鑑」「超進化てれびくん~シンカリオン特集号~」と、新幹線超進化研究所・大宮支部の指令室とシノブの家を組み立てられるペーパークラフトが付属する。価格は税込1万9800円。7月23日23時59分まで注文を受け付け、12月初旬に発送予定だ。詳細は特設サイトで確認を。

池添隆博(監督)コメント

シンカリオンを最終話まで応援いただきありがとうございました!
そしていよいよ、映画化が発表となりました。劇場版に携わることは以前からの目標でしたので、とても嬉しく、ワクワクしています。
スクリーンで進化したハヤトたちやシンカリオンの活躍、新たなシンカリオン、ALFA-Xの登場、そして皆さんにも喜んでもらえるような仕掛けもありますので、ぜひご期待ください!

佐倉綾音(速杉ハヤト役)コメント

TVシリーズのシンカリオンをつくりあげてきた、いつもの最高のメンバーたちと劇場版も一緒に走れるなんて夢みたいです。なにもかも、みなさんがつないでくれたレールのおかげだと感無量に受け止めています。
私も小さいころ、子どもたちに夢をそそぐ作品に胸をときめかせて映画館に足を運んでいました。
今度は大きくなった私たち大人がスクリーンで夢をそそぐ番なのだと、心持ちを新たにしています。
スクリーンを走るはやぶさたちとALFA-Xをこの冬、かつて子どもだった大人たちと今を生きる子どもたちの最高の思い出にしてください!

劇場版「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」

2019年12月全国ロードショー

スタッフ

監督:池添隆博
脚本:下山健人
キャラクターデザイン:あおのゆか 
メカニックデザイン:服部恵大
音楽:渡辺俊幸
音響監督:三間雅文 
アニメーション制作:OLM
アニメーション制作協力:SynergySP
CGアニメーション制作:SMDE
制作:小学館集英社プロダクション
製作:超進化研究所
配給:東宝映像事業部

(c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019

コミックナタリーをフォロー