コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「空母いぶき」和田正人、浮船艦長のセリフで甲子園球場を想像

57

「空母いぶき」大ヒット記念舞台挨拶の様子。左から和田正人、西島秀俊、山内圭哉。

「空母いぶき」大ヒット記念舞台挨拶の様子。左から和田正人、西島秀俊、山内圭哉。

かわぐちかいじ原作による実写映画「空母いぶき」の舞台挨拶が、本日6月7日に東京・TOHOシネマズ日比谷で開催され、秋津竜太役の西島秀俊、浮船武彦役の山内圭哉、岡部隼也役の和田正人が出席した。

「大ヒット記念舞台挨拶」と銘打たれた今回のイベント。西島は「(撮影)イン前もプレッシャーでした。それは僕だけじゃなく、キャスト全員、そしてスタッフも。大人気の原作ですし、テーマが非常に深い作品だったので撮影中も大変だったんですけれど、特にこの作品は観客の皆さんに観ていただいて完成する作品だと思っていたので感無量です」とヒットの喜びを語った。

護衛艦いそかぜの艦長・浮船役を演じた山内は、自身が発する劇中のセリフ「いてまえ!」について、「親族から『いてまえ』というLINEメッセージが届きます(笑)」と告白。「最初台本を読んだときに、『この状況でそんなこと言うてええんかな!?』って思ったんです。そうしたら原作もそうなんですよね!」と驚いたことを振り返る。「関西弁のニュアンスっていろいろあるんですよ。一番“美味しい”感じでやれたらなと思っていました」と、コテコテの関西弁を披露する浮船を演じるうえでのこだわりを明かした。

同作のキャンペーンで全国各地を訪れた西島は「大阪はもちろん、全国どこへ行ってもいそかぜ人気がすごい」と言及し、いそかぜ人気を感じさせるトークを続ける。それを聞いていた和田は「いそかぜじゃなくてたぶん、浮船艦長が人気なだけなんですよね(笑)」と分析。また「個人的にツボってる」という浮船艦長のセリフについて「敵の砲撃を交わすためにいそかぜが後ろに下がるんですね。そのときに『バックやバックー!』と言うんです。この『バック』の言い方がすごいツボで」と説明すると、山内は「少年野球のコーチみたいなね」と続け、和田も「甲子園球場にいる阪神ファンのおっさんと(言い方が)一緒なんですよ!」と例えて観客の笑いを誘った。またステージ上では山内が生「いてまえ!」を披露。西島は「俺、感動した! 生はいいね!」と笑顔を見せた。

イベントの最後、西島は「今も自衛官の皆さんは文字通り命がけでこの平和を維持するためにがんばってくださっています」と切り出し、「たくさんの方に(映画を)観ていただくことで、一層平和の大切さと、それを支えてくださってる方たちがいらっしゃるということを強く感じるようになりました。映画は楽しんで観ていただいて、大切な方と平和について語っていただけたらこんなに幸せなことはありません」と観客へ挨拶した。

「空母いぶき」は全国で上映中。

(c)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー