映画「空母いぶき」 PR

「空母いぶき」西島秀俊×佐々木蔵之介|日常が突然崩されたら?“全員エキスパート”の24時間描く群像劇

西島秀俊と佐々木蔵之介の共演作「空母いぶき」が、5月24日に公開される。

かわぐちかいじの同名マンガをもとにした本作は、国籍不明の軍事勢力から突如攻撃を受け、領土の一部を占領された近未来の日本が舞台の軍事ドラマ。事態を収拾させるために派遣された、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」とそれを取り巻く人々の姿が24時間の物語として描かれる。

映画ナタリーでは、いぶきの艦長・秋津竜太を演じた西島と、秋津の同期で同艦の副長を務める新波歳也に扮した佐々木にインタビュー。入念な下調べをして挑んだという役への思いや、お互いの演技の印象などを語ってもらった。

なおコミックナタリーでは、ボイスドラマ「第5護衛隊群かく戦えり─女子部─(映画『空母いぶき』より)」でメインキャストを務めた上坂すみれのインタビューを公開中。そちらもあわせて楽しんでほしい。

取材・文 / 秋葉萌実 撮影 / ツダヒロキ

“戦い”ばかりでハッとした(佐々木)

──「空母いぶき」は、かわぐちかいじさんの人気マンガを実写映画化した作品ですね。まずはオファーを受けたときの心境から聞かせてください。

西島秀俊

西島秀俊 プロデューサーと監督から「平和を求める映画です」と真摯に説明していただいて、ぜひ参加したいと思いました。キャストの方々も豪華で、かわぐちかいじ先生が手がけた原作の素晴らしさや製作陣の思いに賛同して、これだけの皆さんが集まったんだなと、現場へ入る前から非常に興奮していました。

佐々木蔵之介 僕も「これは戦争映画ではなく、平和を守るための作品」とプロデューサーから言われて参加を決めました。撮影中は、戦闘と戦争の違いや専守防衛(※攻撃を受けたときにのみ武力を行使して自国を防衛する戦略)の難しさなどを考える機会があって。自分の普段の生活では、いろいろなことが見えていなかったんだなと気付きました。

西島 緊迫感あふれる現場でしたが充実していましたよね。映画は手に汗握る面白いエンタテインメント作品だし、劇場を出たときに平和の素晴らしさを実感してもらえる内容になっていて、僕自身は非常に満足しました。たくさんの人に観ていただきたい。

佐々木 現状が平和であることの幸せを感じられる作品になったよね。

「空母いぶき」

──戦闘シーンはCGが多用されていることもあって、完成した作品を観て全体像を把握されたと思います。想像を膨らませながら演じたシーンも多かったのでは?

佐々木蔵之介

佐々木 シナリオを読み込んではいましたが、現場に入って初めて気付くことも多かったです。劇中で「戦闘態勢につく」というフレーズが出てきますよね? あの言葉を、訓練ではなく実際に発するのはいかに大変な状況か、その重みをどれだけ理解して演じられるかが大事だと思いました。

西島 僕は撮影前に自衛官の皆さんからたくさんのお話を聞いて参考にしました。船やコックピットに乗せていただいたり、整備の方のお話も伺えたり。ある方から教わった“優秀なパイロットの条件”は秋津のキャラクターに色濃く反映されていると思います。長く考えてベストな答えを導き出すよりも、瞬間的にベターな判断をどんどんできる人間のほうがパイロットとしては優秀なんだそうです。だから秋津は常に瞬間で判断をするし、しかもそれがすべてベターではなくベストだという、かなり先までを見通している人物として演じました。

「空母いぶき」より、西島秀俊演じる秋津竜太(手前)、佐々木蔵之介扮する新波歳也(奥)。

佐々木 僕は護衛艦に乗せていただいて、敵が撃ってきたミサイルをどう遊撃するかとかいろんな説明を受けました。護衛艦だからそらそうなんですが、全部“戦い”に関することばかりなのにはハッとしました。「この人たちにとってはそれが仕事なんだ」と。

西島 実際にその場に入らせてもらうと感じるものはたくさんありますよね。空自(航空自衛隊)は整備の人との間に強い信頼関係があるし、海自(海上自衛隊)は大人数でもきちんと統制が取れている。それぞれの分野によって、やはり気質の違いを感じました。

「空母いぶき」
2019年5月24日(金)全国公開
ストーリー

20XX年12月23日未明、国籍不明の軍事勢力が日本の最南端沖で突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束される事件が発生した。午前6時23分、日本政府は初の航空機搭載型護衛艦・いぶきを中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。このあと、日本はかつて経験したことのない1日を迎えることになる。

スタッフ / キャスト

監督:若松節朗

脚本:伊藤和典、長谷川康夫

原作・監修:かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中 / 協力:惠谷治)

出演:西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、小倉久寛、髙嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、深川麻衣、中井貴一、藤竜也、佐藤浩市ほか

西島秀俊(ニシジマヒデトシ)
1971年3月29日生まれ、東京都生まれ。1994年に「居酒屋ゆうれい」で映画初出演。以降もドラマ、映画と幅広く活躍している。主な出演作は「Dolls(ドールズ)」「CUT」「劇場版 MOZU」「クリーピー 偽りの隣人」「散り椿」「人魚の眠る家」など。公開待機作に「任侠学園」がある。出演ドラマ「きのう何食べた?」が現在放送中。
佐々木蔵之介(ササキクラノスケ)
1968年2月4日生まれ、京都府出身。大学在学中から劇団・惑星ピスタチオのメンバーとして活躍。2000年にNHK連続テレビ小説「オードリー」で注目を浴び、以降はドラマ、映画、舞台と幅広く活動している。2005年には自身がプロデュースを務める演劇ユニットTeam申を立ち上げた。公開待機作には「居眠り磐音」「峠 最後のサムライ」「記憶屋」、「嘘八百」の続編がある。