コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

高橋ヒロシ「WORST」新装版が全19巻で刊行開始、グリコや鉄生のスピンオフも

122

高橋ヒロシ「WORST」の新装版1巻と2巻が、本日6月7日に発売された。

「WORST」は高橋の代表作「クローズ」の続編。前作の約1年後、勢力図が変わった戸亜留市を舞台に、主人公・月島花と不良高校生たちの群像劇を描いている。新装版はB6サイズでの全19巻で、表紙イラストは描き下ろしだ。

また新装版には、巻数は未定だが描き下ろしエピソードも収録予定。全巻の帯に付いている応募券全19枚を集めて応募すると、描き下ろしエピソードを1冊にまとめた小冊子が全員にプレゼントされる。

さらに本日、鈴木リュータによる「WORST外伝 グリコ」、きだまさしによる「WORST外伝 ドクロ」というスピンオフ作品のそれぞれ1巻も発売。週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載中の「グリコ」は月島花の先輩であるグリコこと花木九里虎の、博多での中学時代を描くスピンオフ。別冊少年チャンピオン(秋田書店)で連載中の「ドクロ」は、バイクチーム・武装戦線の6代目頭で、本編では非業の死を遂げた河内鉄生の過去が明かされる。

秋田書店では「CROWS × WORST 新時代祭り」と題したフェアを展開中。「WORST外伝 グリコ」「WORST外伝 ドクロ」の2冊と、本日刊行または7月8日に発売される高橋関連作の中から1冊、合計3冊を購入し、応募券3枚をハガキに貼って投函すると、全員に「武装戦線スマホポーチ」がプレゼントされる。さらに応募者の中から抽選で5名に「花木九里虎モデル サングラス」、2名に「河内鉄生モデル ライダース」も用意された。詳細は「新時代祭り」のサイトで確認を。

なお秋田書店のWebマンガサイト・マンガクロスでは、「クローズ」「WORST」のリバイバル連載がスタート。発売中の月刊少年チャンピオン7月号には、「WORST」の両面ポスターと、鉄生の初登場エピソードなどが収録された「河内鉄生ハンドブック」が付属している。

なおコミックナタリーでは、「WORST外伝 グリコ」を連載している週刊少年チャンピオンの創刊50周年を記念し、武川新吾編集長による対談連載を実施。第1回には週刊少年サンデー(小学館)の市原武法編集長を対談相手に迎え、マンガにおける編集者の必要性などを語ってもらった。今後も、週刊少年マガジン(講談社)編集長の栗田宏俊、週刊少年ジャンプ(集英社)編集長の中野博之、前任者であるチャンピオン9代目編集長・沢考史との対談が公開されていく。

コミックナタリーをフォロー