コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「明治東亰恋伽」浪川大輔や福山潤が胸キュンセリフを数珠繋ぎ、小林豊も参戦

1888

TVアニメ「明治東亰恋伽」のステージイベントが、本日3月23日より東京・東京ビッグサイトにて開催されている「AnimeJapan 2019」内で行われた。

イベントには森鴎外役の浪川大輔、菱田春草役のKENN、泉鏡花役の岡本信彦、藤田五郎役の福山潤が登壇。最初のコーナー「めいこい一問一答」では、「アフレコでもっとも自由なのは誰?」という質問がキャスト陣に寄せられる。その答えとして「浪川さん」という声が挙がると、浪川本人は慌てて弁解する。

KENNは「主題歌『月灯りの狂詩曲(ラプソディア)』で一番好きな歌詞」という問いに、サビの「ほしい」の部分と回答。その理由を「最後の歌詞をどんな言葉にしようかとスタッフとも何度も話し合った部分で、とても印象に残っています」と語る。また「酔っぱらったら豹変しそうなのは?」と聞かれると、キャストからは満場一致で「KENNさん」という答えが。「酔うととてもかわいくなる」と明かされ、会場には笑いが起こった。

後半には、4月から放送される実写ドラマ版の特別映像を上映。さらにサプライズゲストとして、実写版でチャーリー役を務める小林豊が壇上に現れる。小林はアニメのキャスト陣と一緒に、「アニメ&実写ドラマ! めいこい数珠繋ぎ」と題したミニゲームに挑戦することに。会場の女性たちを思わず胸キュンさせるような一言というテーマで、登壇者たちは前の人のセリフからしりとりで次の人に繋いでいく。最初は「めいこい」の「い」から始まり、浪川は「いい子リスちゃんだね」と言って次にパス。KENNは「猫と同じくらいかわいいね」、岡本は「ねえ、そっち行ってもいい、ね?」、福山は「眠れないのか? だったら隣に来て一緒に寝ようね」と、小林は「ねえ芽衣ちゃん、ずっと一緒にいようね」と、全員が語尾に「ね」をつけて回答していく。最後に数珠繋ぎを振られたMCは「ねえ、最終回って3月27日でよかったですよね」とまとめ、ミニゲームは無事クリアされた。

最後に小林は「今日は初めましての方も多いと思いますが、そんな皆さんを『二度目まして』にしたいです。ドラマもどうぞよろしくお願いします」とアピール。KENNは「イベントやドラマ主題歌など、『めいこい』では、いろいろなことに挑戦させていただいています。これからも皆さん、ついてきてください!」と、岡本は「次はどんなイベントになるのか、とても楽しみです。(公式ラジオの)『浪漫deナイト』でも告知していきますのでよろしくお願いします」と、福山は「アニメは大変素晴らしい出来になっています。ドラマ、アニメといろいろなステージに繋げていきたいと思います」と話す。浪川は「たくさんのファンの皆さんが作品を支えてくれているので、『めいこい』がこんなに長く続いているのだと思います。これからも応援をよろしくお願いいたします」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

(c)LOVE&ART/めいこい製作委員会

コミックナタリーをフォロー