コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「アフリカのサラリーマン」TVアニメ化!社畜川柳に大塚明夫らが大いに共感

2193

ガム原作による「アフリカのサラリーマン」プロジェクトの発表会が、本日3月23日に東京ビッグサイトにて開催中の「AnimeJapan 2019」にて実施された。

ジーンピクシブで連載中の「アフリカのサラリーマン」は、アニマルサラリーマンたちのシュールで世知辛い日常を描くショートコメディ。プロジェクトの始動とともに大塚明夫津田健次郎下野紘がそれぞれ自身の演じる動物のライオン、トカゲ、オオハシ風のメイクを施されたビジュアルが公開され話題を集めていた。

発表会ではまず、このビジュアルの撮影風景と3人のインタビューを収めたPV第1弾を上映。その中で本作のTVアニメ化が発表された。ステージに登場した大塚、津田、下野は口を揃えプロジェクトの詳細を知らないことを話す。一緒に登壇した監督の畳谷哲也からは3人へのオファー理由が冗談を交えながら伝えられた。

既に原作を読んだという大塚はその面白さを手放しで褒める。下野はクズ社員という自身の演じるオオハシに言及し、独特の目線で作品をアピールした。ここで監督から本作が30分アニメとして制作されることが明かされ、観客からもその尺に驚きの声が上がる。さらにキャストについても名前はまだ明かせないとしながら、この3人に匹敵する様な豪華なキャストになることが伝えられた。

なぜアニマルメイクを施したビジュアルを撮影することになったのかという話題では、下野が自身の周りでも反響が大きかったことを話す。スタッフからみんなが楽しめる作品を目指し、初出にインパクトを求めた結果あのビジュアルに辿りついたと説明がなされ、望みが薄いかと思いオファーしたところ快諾が得られたと秘話が明かされた。さらにビジュアルについての裏話は続き、大塚がライオンっぽさを出すために綿を上唇の下にいれるこだわりを見せたことなどが話された。

イベントの終盤には公式Twitterで募集していた「アフサラ社畜川柳」を3人が読み上げるコーナーを実施。スタッフ、監督も選定から読むたびにつらかったという悲哀に満ちた川柳が披露されるたびに会場とキャスト陣から共感の声が上がり、最後は川柳を投稿してくれた“社畜”たちへ津田からエールが贈られた。

最後にアフリカの公用語にアラビア語があるという理由からプロジェクトの第2弾がアラビア語で発表に。まったくプロジェクト第2弾内容が明かされないまま行われた挨拶では、大塚がライオンの真似をかわいく披露し、会場から黄色い悲鳴が上がるなかイベントは終了した。

※「AnimeJapan」のイベントレポートなど関連記事はこちらから!

(c)Project AFRICAN OFFICE WORKER

コミックナタリーをフォロー