コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ひかわ博一×武内いぶき「星のカービィ」作家がアニキに!合作や対談、付録も

96

本日3月15日発売のコロコロアニキ2019年春号(小学館)には、ひかわ博一「星のカービィ デデデでプププなものがたり」と、武内いぶき「星のカービィ まんぷくプププ ファンタジー」の合作マンガが掲載されている。

1994年から2006年まで月刊コロコロコミック(小学館)で連載された「デデデでプププなものがたり」と、2016年から現在も同誌で連載中の「まんぷくプププ ファンタジー」という、「カービィ」マンガの元祖と最新作である両作。今号には2作の読み切りのほか、ひかわと武内の対談も掲載された。また“ひかわカービィ”のキュートなステッカーも綴じ込まれている。

そのほか「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の公開を記念し、藤子・F・不二雄の弟子であるむぎわらしんたろうと、映画で脚本を執筆した辻村深月による対談を収録。むぎわらが過去の映画オリジナルキャラクターを描き下ろしたクリアファイルも付属した。さらに竹村よしひこによる「ビックリマン」のコミカライズが約30年ぶりに復活。これを記念し、公式イラストレーター描き下ろしの下敷きも付録として用意された。

コミックナタリーをフォロー