コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

現代日本を秘密裏に生きるニート忍者描く、花沢健吾「アンダーニンジャ」1巻

116

花沢健吾「アンダーニンジャ」1巻が、本日2月6日に発売された。

ヤングマガジン(講談社)にて連載中の本作は、現代の日本で秘密裏に生きる“忍者”たちを描く物語。かつて栄華を誇った日本の忍者たちは、戦後GHQによって組織を解体させられ消滅したかに見えた。しかし暗殺や破壊活動に従事する精鋭の忍者たちは、国家レベルの争いごとの裏で暗躍している。そんな中、ニート同然の暇な生活を送っている末端の忍者・雲隠九郎のもとに仕事が舞い込むが……。

なお、花沢がビッグコミックスペリオール(小学館)にて連載中の「たかが黄昏れ」1巻も同時発売。互いの作品の1話が読める試し読みチラシが封入されている。

コミックナタリーをフォロー