コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「リケ恋」西銘駿の疾走シーンに浅川梨奈がツッコミ、「さすがライダー」の声も

324

劇場版「リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~」公開記念舞台挨拶より。左から荻野可鈴、西銘駿、浅川梨奈、矢野優花、藤田富。

劇場版「リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~」公開記念舞台挨拶より。左から荻野可鈴、西銘駿、浅川梨奈、矢野優花、藤田富。

山本アリフレッド原作による映画「リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~」の公開記念舞台挨拶が、本日2月2日に東京のシネ・リーブル池袋にて開催された。

同キャストによるTVドラマの放送を経て、2月1日に封切られたばかりの劇場版。イベントには氷室菖蒲役の浅川梨奈、雪村心夜役の西銘駿、奏言葉役の矢野優花、犬飼虎輔役の藤田富、棘田恵那役の荻野可鈴がそれぞれ白衣姿で登場した。

西銘は印象的なシーンとして、山を駆け降りるシーンを挙げ「雪村が初めて数式じゃなく、直感で行動したシーンなので好きです」と説明。浅川から同シーンでズボンが破けてしまったことを指摘されると「テンションが上がり過ぎてアドレナリンが出ちゃって……」と振り返る。そんな西銘の姿に、藤田は「僕にとって(西銘)は『(仮面)ライダー』の先輩。幸村という役は全然ライダーの感じがしなかったんだけど、かなりの急斜面を走っていくのがめちゃめちゃカッコよくて、やっぱりライダーだなって思いました」と賞賛した。

矢野は女性3人での温泉シーンを印象深いと述べ、「メチャクチャ(お湯が)熱かった!」と述懐。また浅川について「グラビアしてるだけあって、メチャクチャいい体してた」と明かし、会場を沸かせた。

またイベントでは西銘が浅川の印象について「いじめっ子ですね。一緒に仕事をした次の日はメンタルやられて寝込んでます」と言いつつ、「パワフルだけどかわいらしい一面もある」と明かす一幕も。浅川は俳優仲間から西銘について話を聞いていたそうで「しゃべってみてわかったけど、本当にバカ(笑)」と述べながら、「本当にこのまま。だからみなさん、安心して応援していいです。裏切りませんから」と続ける。すると西銘は「『そのまんま』はほめ言葉です」と笑顔で受け止め、和気藹々とした雰囲気でイベントは幕を閉じた。

劇場版「リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~」

2019年2月1日(金)シネ・リーブル池袋ほか全国公開

スタッフ

原作:山本アリフレッド「理系が恋に落ちたので証明してみた。」(フレックスコミックス「COMICメテオ」掲載)
監督:旭正嗣

キャスト

浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、西銘駿(男劇団 青山表参道X)、矢野優花藤田富、荻野可鈴(夢みるアドレセンス) ほか

(c)2018「リケ恋」製作委員会

コミックナタリーをフォロー