コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「ULTRAMAN」諸星すみれら追加キャスト&モーションアクター発表

653

「ULTRAMAN」より。

「ULTRAMAN」より。

清水栄一×下口智裕原作によるフル3DCGアニメ「ULTRAMAN」の追加キャスト、モーションアクターが発表された。

2019年4月1日、Netflixにて全13話が全世界独占配信される「ULTRAMAN」。このたび佐山レナ役を諸星すみれ、井手光弘役を魚建、エド役を牛山茂、ジャック役を竹内良太、遠藤庸介役を花輪英司、倉田役を関戸博一、白石役を白石稔、アダド役を津田健次郎、ベムラー役を曽世海司が務めることが明らかになった。またモーションアクターとして山崎勝之、笠原紳司、芝井美香、小川輝晃、曽世が参加。13名からは意気込みのコメントが届いている。

併せてULTRAMAN、SEVEN、ACEらヒーローや、異星人たちが映った場面カットを公開。また配信開始前日の3月31日に東京都内にてワールドプレミアを開催する事が決定した。ワールドプレミアの詳細は後日発表される。

「ULTRAMAN」は初代ウルトラマンであるハヤタ・シンの息子・早田進次郎が、新たなヒーローとして活躍する物語。原作は月刊ヒーローズ(ヒーローズ)にて連載されている。アニメは神山健治荒牧伸志が監督を務め、早田進次郎役を木村良平、諸星弾役を江口拓也、北斗星司役を潘めぐみ、早田進役を田中秀幸が演じる。

諸星すみれ(佐山レナ役)コメント

レナを演じるにあたり、出来るだけ自然体で、等身大な演技をするように心がけています。アイドルでありながらもごく普通の女の子であるレナが、観てくださる方の目によりリアルに映るように、そして、ウルトラマンがいる世界を皆さんにより楽しんでいただくために、精一杯頑張ります!

魚建(井手光弘役)コメント

幼い頃、ヒーローと言えばウルトラマンでした。その世界に深く関われる日が来るなんて本当に夢のようです。しかも大好きだった井手隊員を演じられるなんて!時を経て偉くなったダンディーな井手さんですが、茶目っ気の因子を感じながら収録に臨んでます。ストーリーと映像とサウンドが化学反応を起こしてる鳥肌モノのエンターテイメント!是非、大画面大音量で楽しんで下さい!

牛山茂(エド役)コメント

ゼットン星人・エド…。彼は、いったい何者なのか?なぜ今、ここにいるのか…?
何をしようとしているのか…?わからない事だらけの異星人、エド…。これでは声の入れ様もない。
あえて、原作の先生方、監督方にもお聞きせずに収録に入る。先生方も何も言わず、収録は進む。
これから先も、私には、まったくわからない。なぞだらけのエド…。お楽しみ下さい!

竹内良太(ジャック役)コメント

ジャック役の竹内良太です!キャスト発表嬉しい限りです。情報屋であるジャックさん。
逞しくカッコ良い反面、お茶目な所も!
しかしそれは本当にジャックの姿なのか...掴み所のない役でございますが、楽しく演じさせて頂いております!
進次郎君達の行く末と共に、ジャックさんにもご注目下さい!届けッ世界中に!ULTRAMAN!

花輪英司(遠藤庸介役)コメント

遠藤さん、昭和の刑事って感じで渋いです。ウルトラマンにひとかたならぬ感情を抱く激しくも静かな彼を演じるのは、難しくそして楽しかったです。倉田君との刑事パートとレナとの親子パートの変化は特に気を使いました。モーションキャプチャーの役者さんとの共同作業でできたキャラクターがどのように映像になっているのか楽しみにしております。この作品に携われた事は、いちウルトラファンとして誠に光栄でした!

関戸博一(倉田役)コメント

子供の頃からの憧れだったウルトラマンの歴史の一部に自分が加われるなんて、こんな嬉しいことはありません。しかも平成最後のウルトラマンに!
配信が開始されるのを、皆さんと同じくらい僕も楽しみにしています。新しいウルトラマンを、一緒に目撃しましょう!!

白石稔(白石役)コメント

連載を初めて読んだ時、世界観もさる事ながら、ウルトラマンスーツのデザインに「なんてカッコいいんだこのスーツ!」と見事にやられました。特撮ファンとして、ウルトラファンとして、この作品に関わる事が出来て本当に光栄です。新たなヒーローの誕生を、そして、改めて「ウルトラマンは凄いんだ!」と皆様と一緒に楽しむ事が出来れば幸いです。よろしくお願い致します!

津田健次郎(アダド役)コメント

今までのウルトラマンを知っている人、ウルトラマンに触れた事の無い人、どんな人でも楽しめる作品になっていると思います。
僕はミステリアスな役を演じさせて頂きました。大切にしたいポイントを教えて頂き、後は自由に演じさせて貰えました。魅力的なキャラクターを演じるのは楽しいです。
今までの魅力、新しい魅力、どちらも内包する新しいウルトラマン、是非観て下さい。

曽世海司(ベムラー役)コメント

ヒーローものの原点とも言うべきウルトラマンの世界に身を置くことができ、
しかも今回ベムラーという非常に重要かつ刺激的な役柄を演じさせて頂けて、光栄至極でございます。
本作『ULTRAMAN』は最新映像でバトルシーンも迫力満点。
さらに人間ドラマや宇宙人ドラマ?!も深くて楽しくて。
どうぞどうぞご期待下さい!

山崎勝之(早田進次郎のモーションアクター担当)コメント

ウルトラセブンとウルトラマン。
人生で2回、ウルトラマンに変身できた事。
とてもとても幸せです。
早田進次郎と共感できる所が多々あり、
真剣だったり、コミカルだったり、色々な感情を動かせてとても楽しく演じさせていただきました。
壮大なストーリーはもちろんですが、進次郎のレナに対する細かな心の動きも観ていただけたら嬉しく思います。

笠原紳司(諸星弾のモーションアクター担当)コメント

子供の頃からの憧れであるウルトラセブンを演じることができるとは、
自分がアイスラッガーを投げる日が来るとは夢にも思っていませんでしたので大変貴重な時間でした。
また、神山、荒牧両監督とお仕事出来たことも実写で生きる俳優としては貴重この上ない経験でした。
このお二人によるULTRAMAN、ご期待ください。
応援宜しくお願いします。

芝井美香(佐山レナ/北斗星司のモーションアクター担当)コメント

お二人の監督の下でモーションアクターをやらせて頂き光栄でした。
ウルトラマンへ全く別の思いを持った2キャクターを演じさせて頂き、作品を多角度から体感しました。
ウルトラマンは『正義の味方』だと思います。そこにはウルトラマン自身の葛藤があり、関わる人間の複雑な思いがあり…
ご覧下さる皆さまにもいろんな視点からこの世界を感じて頂けたら嬉しいなと、レナ、北斗を演じさせて頂き感じました!

小川輝晃(早田進/エドのモーションアクター担当)コメント

今回、モーションアクターとして“初代”ウルトラマンである早田進と、「エド」という異星人を主に演じさせて頂いたのですが、
互いに寡黙な中でどのような違いを生み出せるのかと喋り方などにも拘ってみました。
当時を知る人も新しく目にする方にも驚き楽しんで頂ける作品だと思います。
僕個人としてはそれぞれのキャラの個性を比べて観て貰いたいところですね。

曽世海司(井手光弘/ベムラーのモーションアクター担当)コメント

あの井手隊員のその後を演じることが出来るなんて!と、とてもワクワクしながら臨ませて頂きました。
モーションキャプチャーならではの奥ゆきある表現が、人間味あふれる井手さんのキャラクターの一助になっていましたら幸いです。
そして今回、ベムラー役も演じさせて頂いております。彼の抱える使命と想いを一挙一動にも込めました。
新たなウルトラマンワールド、人間ドラマと壮絶バトルをどうぞご堪能下さい!

※山崎勝之の崎は立つ崎が正式表記。

Netflixオリジナルアニメシリーズ「ULTRAMAN」

2019年4月1日全世界独占配信(13話)

スタッフ

原作:円谷プロダクション、清水栄一×下口智裕(月刊ヒーローズ連載)
監督:神山健治×荒牧伸志
音楽:戸田信子×陣内一真
アニメーション制作:Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS

キャスト

早田進次郎:木村良平
諸星弾:江口拓也
北斗星司:潘めぐみ
早田進:田中秀幸
佐山レナ:諸星すみれ
井手光弘:魚建
エド:牛山茂
ジャック:竹内良太
遠藤庸介:花輪英司
倉田:関戸博一
白石:白石稔
アダド:津田健次郎
ベムラー:曽世海司

(c)円谷プロ (c)Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi (c)ULTRAMAN製作委員会

コミックナタリーをフォロー