コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「美人が婚活してみたら」映画化!主演は黒川芽以、シソンヌじろうが脚本

263

とあるアラ子「美人が婚活してみたら」が映画化され、2019年に公開されることが明らかになった。

「美人が婚活してみたら」は、とあるアラ子が自身の友人であるアラサー美女の実話をもとに描いたドタバタ婚活劇。仕事にも容姿にも恵まれている美女・タカコは、大きな恋を終えたことで燃え尽き症候群になってしまい、まともな恋愛ができなくなっていた。気がつくと三十路を過ぎていたタカコは、ある日「結婚したい…!」と思い立って婚活サイトに登録し……。簡単に幸せを掴めそうでいて、なぜかうまくいかないタカコの奮闘ぶりが描かれる。本作はマンガアプリ・Vコミで長期間ランキング1位を獲得し続けている人気作で、単行本が小学館クリエイティブより刊行されている。

映画では主演を黒川芽以が務め、脚本は本作で映画脚本初挑戦となるシソンヌじろうが、監督は「恋するマドリ」や「勝手にふるえてろ」で知られる大九明子が担当する。ほかのキャストについては続報を待とう。

とあるアラ子コメント

こんな豪華なスタッフで映像化していただくなんて、本当に夢のようです。
原作者としてではなく、一映画ファンとして完成を楽しみにしています!

黒川芽以コメント

オファーいただいて、まず最初に思ったのが、タイトルにもある「美人」が自分に務まるのかという不安でした。ですが、台本や原作を読んで、これはまさに自分たち世代の物語で、私自身、婚活はしたことはないですが、結婚もしていないし、とても共感できました。自分が感じた共感を、役を通して届けられると思うと、素直に嬉しかったです。
大九監督とは今回2度目のお仕事で、センスの良さ、大九監督ならではの切り口と、細かい丁寧な積み重ねとアイデアに驚く日々です。じろうさんの台本は台詞がとても魅力的で面白く、その上に監督のエッセンスが加わり、さらに面白くなっていく手応えを感じています。婚活をテーマにした作品ですが、女性の生き方や成長を描いた物語であり、女性には共感いただけると思いますし、男性にとっては女性のリアルな生態を知れる映画になると思います。沢山の方に見ていただける作品になるよう頑張ります!
{/pre}」

じろう(シソンヌ)コメント

コントを作り続けていたら映画の脚本の話が来ました。30代の美人な女性の心情を、40代の中年男性が描きます。描けますか?描けました。映画館に観に来て下さい。

映画「美人が婚活してみたら」

2019年公開

スタッフ

脚本:じろうシソンヌ
監督:大九明子
製作:吉本興業
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー、テレビ朝日
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
キャスト:黒川芽以 ほか

コミックナタリーをフォロー