コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「咲-Saki-阿知賀編」初日挨拶、浜辺美波が「このシリーズは私にとっての青春」

114

「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」初日舞台挨拶の様子。

「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」初日舞台挨拶の様子。

小林立五十嵐あぐり原作による実写映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」の初日舞台挨拶が、本日1月20日に東京の新宿バルト9で行われ、桜田ひより伊藤萌々香恒松祐里渡邉幸愛中山莉子浜辺美波志田友美日比美思RaMu岩田華怜小沼雄一監督が登壇した。

主人公・高鴨隠乃役の桜田は「たくさんの初めてが詰まった作品です。いくつになっても初心に戻れる作品になりました。いつかこのメンバーでまた仕事ができるようがんばりたい」と主演作の公開に感無量の様子。前作で咲役を務めた浜辺は、今作では咲の姉・宮永照役で出演しており「前作で咲、今作で照と、異なる役柄で出演するという貴重な経験ができた。初日を迎えられてうれしい」と喜びを語った。

また浜辺は「高校1年生の時に咲を、高校2年生で照を演じているんです。だから、このシリーズは私にとっての青春のようなもの」と述べ、「私の夏は毎年『咲』に捧げているんです。18歳になれば労働基準法の規制が緩和されますし、今が昼か夜かわからなくなるくらいの台本を用意してもらったり、1日で撮りきっちゃったりしてもいい。そんな『咲』の3年目があればいいなと思います」とさらなる続編を希望。そんな浜辺にRaMuが「浜辺美波さんが本当に美しくて。みんなでモニターを見ながら『かわいいわ~』『もはや異次元』と話しました(笑)」と声を上げる。浜辺がそれに対し「私もみんなを見ながら、『この角度を耐えられるのはこの子しかいない』と思っていて……」と謙遜すると、周囲から一斉に「いやいやいやー!」とツッコミが入った。

伊藤が「あと5年したら、ひよりちゃんは20歳。そこに驚くけれど、その時はこのメンバーで集まって思い出話をしたい」と未来に思いを馳せると、恒松も「私もひよりちゃんが20歳になったら、お酒を飲み交わしながら祝福したい。この作品でそれだけのいいメンバーに出会えたから」とそれに賛同。渡邉は「夢を叶えてもらった作品。忘れられない思い出になった」と作品を振り返る。中山は「大人になったとき、このドラマで演じたような綺麗でスンとした顔になれるよう、作品から学んでいきたい」と目標を語った。

志田は「(この作品の撮影で)20歳の夏をマージャンに捧げたという思い出ができた。将来、今の自分を振り返って『シブいことしてるね』と言ってあげたい」と心境を吐露。この作品でアーチェリーに挑戦した日比は、「将来はアーチェリー選手かも」と発言して周囲を驚かせた。RaMuは「将来、この作品の自分の演技を見て、もし『恥ずかしい』と思ったら、成長できたってことだと思います。だから5年後くらいに、恥ずかしがりながら作品を見返して、お酒を飲みたい」とトーク。岩田は「この作品は、萌え系ファンタジーマンガを原作にしたレジェンド映画になるのではと思っています。この作品に出演できたことは、私の誇りです」と思いを口にした。

小沼監督は「こういったジャンルの映画がシリーズとして作られ、このように初日を迎えられるのは、奇跡だと思います。ファンの方々の後押しと、キャストのみんなが仲良く真摯に取り組んでくれたことが大きい」と感謝を述べる。最後には桜田が「最初は不安で緊張したけれど、わからないことがあっても、現場のスタッフ・キャストの皆さんが温かく迎えてくれた。だからのびのびと演技ができたと思う」と頭を下げ、イベントは幕を閉じた。

「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」は、「咲-Saki-」の実写化プロジェクト第2弾。阿知賀女子学院麻雀部が、全国大会で激闘を繰り広げる様を描く。

(c)小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト

コミックナタリーをフォロー