コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「刻刻」先行上映、安済知佳サプライズに「この瞬間の時を止めたい!」

255

アニメ「刻刻」先行上映会の様子。左から大橋誉志光監督、ぼくのりりっくのぼうよみ、佑河樹里役の安済知佳、間島翔子役の瀬戸麻沙美、じいさん役の山路和弘。

アニメ「刻刻」先行上映会の様子。左から大橋誉志光監督、ぼくのりりっくのぼうよみ、佑河樹里役の安済知佳、間島翔子役の瀬戸麻沙美、じいさん役の山路和弘。

堀尾省太原作によるテレビアニメ「刻刻」の先行上映会が、本日12月20日に東京・秋葉原UDXシアターにて開催され、佑河樹里役の安済知佳、間島翔子役の瀬戸麻沙美、じいさん役の山路和弘、監督の大橋誉志光、EDを担当するぼくのりりっくのぼうよみが登場した。

第1話の上映後、1話を観たばかりの観客からの拍手で登壇者たちが迎え入れられる。すでに第1話の映像をもらっていたという安済と瀬戸だったが「オープニングとエンディングの映像は初めて観ました」と興奮した様子で語る。すると大橋監督から「今日見ていただいたオープニングとエンディングはまだ完璧ではない。もうちょっと進化します。オンエアで見ていただければなと」と語った。

司会者からほかのアニメとの違いを問われた瀬戸は「アニメって、全部違いませんか?」と天然な答えを繰り出し会場をざわつかせる。すかさず安済が「いやいや、(違いは)効果音でしょ!『止界』では音が付かないから」とフォローし、世界の森羅万象が止まる「止界」に入ることができるという本作の設定について触れた。大橋は「アニメは映像だけではなく音楽や効果音があることで、臨場感が増していくんです。でも『止界』では登場人物たちの出した音しか出ない。音響監督とも『かなりキツイよね』って話をしてて」と述べ、その表現の難しさについて語った。また堀尾と話して「圧迫感」が作品のキーワードになっていることを明かし、「アニメでもそれを大事にして画面を作ってます。常に閉じ込められているような映像にしたくて」と続けた。さらに瀬戸はアフレコを振り返り「現場でも、音のない世界をどう表現するのか話してて。お芝居的に意識していたのは距離感。遠くに向かって『おーい』って言うのも、音のない世界だと大きな声を出さなくても届く、とか」と演じるうえでの苦労について話した。

ここで、アニメのエンディングを手がけるぼくのりりっくのぼうよみが登場。11月に出した自身のアルバム収録曲「朝焼けと熱帯魚」がエンディングに起用された経緯について、大橋が「作品の重たい雰囲気を軽くしてくれるようなエンディングにしたかった。いくつか候補がある中、彼の曲が1番フィットした。彼の声、楽曲そのものもそうだし、歌詞のセンチメンタルなところもぴったりだった」と絶賛。それを聞いていたぼくのりりっくのぼうよみは「監督からちゃんとお話を聞くのが初めてで、そう言っていただけてうれしいです」と感想を述べた。

また安済がエンディングについて「アニメは重い展開も増えていくので、最後に優しく眠りへと導いてくれるような、翌日の月曜朝が気持ちよく迎えられるようなステキな曲だなと」と話すと、ぼくりりは「アニメのオープニングとエンディングって役割が違うじゃないですか。エンディングはアニメの世界から現実に移行する役割があると思うので、いい意味で息抜きができる曲になればいいなと思ってます」と応えた。さらに主題歌「Flashback」を手がけるMIYAVIからのメッセージVTRも到着。大橋は「彼には最初、劇中に使う曲をオーダーしていて。でも出来上がってきたのが、ボリュームある音で、曲として使えるものが上がってきたので、オープニングにスライドさせてもらいました」と経緯を語った。

さらに作品の内容にちなんだ「もし1日時間を止めることができたら」という質問には、安済が「私はとりあえず、いろんなことを一通りやってみたいです。時間が止まった世界で何ができるのかと。で、知り合い人のところに行って、どんな瞬間に止まったのか見てみる」と語る。すると山路から「それ、すごい悪趣味だよね(笑)」とツッコまれ慌てる。また、真面目な答えを考えたという瀬戸は「私は宿題をやりたいです」と回答。「我々はまだ紙でする仕事も多いので、それをじっくり読めるんじゃないかな」と語ると、大橋も「瀬戸さんの答えに似ているけど、僕は締め切りギリギリ前に止めて仕事をします」と続けた。さらに山路が「俺も考えたんですけど、やらしいこととか(笑)。でも結局、1番いい季節に南国に行って、そこを独占したいね。あるいは美術館の独り占めとか」と話すと、一同その答えに納得した様子だった。

最後に、12月22日に誕生日を迎える安済へのサブライズが。観客からの「お誕生日おめでとう」の声とともに一斉にクラッカーが鳴らされ、1人知らされていなかった安済は「うわー! 今、この瞬間の時を止めたいです! なんか本当にめっちゃうれしいです!」と感激した様子。そして「今回、座長という立場で『刻刻』という素晴らしい作品に関わらせていただいて。今後も、お客さんのいるところで裏話を語ったりできる場を設けて、『刻刻』を盛り上げていきたいです」と抱負を述べる。そして大橋が「最終回では、原作にないその先も描いてます。原作を読んだ人も知らないことを描いているので、最後まで見ていただけたら」と作品をアピールし、イベントは幕を閉じた。

アニメ「刻刻」は2018年1月7日24時30分よりTOKYO MX、BS11、AT-Xにて順次放送開始。同作は森羅万象が止まる「止界」に入ることができる「止界術」の能力を有する一族を軸に描くタイムストップSFだ。原作マンガはモーニング・ツー(講談社)にて連載され、単行本は全8巻が刊行されている。

アニメ「刻刻」

2018年1月7日よりTOKYOMX、BS11にて毎週日曜24時30分より放送予定
Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信

スタッフ

原作:堀尾省太「刻刻」(講談社『モーニング・ツー』所載)
監督:大橋誉志光
シリーズ構成:木村暢
キャラクター原案:梅津泰臣
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:日向正樹
音楽:未知瑠
主題歌:MIYAVI vs KenKen「Flashback」
エンディングテーマ:ぼくのりりっくのぼうよみ「朝焼けと熱帯魚」
制作:ジェノスタジオ
製作:ツインエンジン

キャスト

佑河樹里:安済知佳
間島翔子:瀬戸麻沙美
じいさん:山路和弘
佐河順治:郷田ほづみ
佑河貴文:辻谷耕史
佑河翼:野島裕史
佑河真:岩田龍門
潮見:内田夕夜
迫:吉野裕行

(c)堀尾省太・講談社/「刻刻」製作委員会

コミックナタリーをフォロー