コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

木乃ひのき、花火師目指す少年描く新連載

97

本日7月28日に発売されたARIA9月号(講談社)にて、「NO.6」の木乃ひのきによる新連載「刹那グラフィティ」が巻頭カラーでスタートした。

「刹那グラフィティ」は、花火師を目指す少年たちの青春ストーリー。とある理由から火を恐れる主人公が、幼いころ住んでいた田舎町で不思議な少年に出会うところから物語が始まる。

また今号では、「これは恋のはなし」を完結させたチカが、戦隊ものラブコメ「ときめき戦隊▽カベドンジャー(仮)」で登場。「進撃の巨人スピンオフ祭り・夏」では、「進撃!巨人中学校」「寸劇の巨人」「進撃の巨人Before the fall」、そして先月最終回を迎えた「進撃の巨人 悔いなき選択」が、掲載誌の垣根を越えて一挙収録されている。

巻頭ではARIA創刊4周年を記念し、連載作家の直筆色紙と、ARIAのラジオ番組「ありらじ」パーソナリティの緑川光と石川界人による色紙を抽選でプレゼント。表紙に登場した「K-デイズ・オブ・ブルー-」は今号で完結し、新シリーズが12月27日発売のARIA2月号より始動することが告知された。今号には、舞台「K」の情報や、宗像役を演じる南圭介のインタビューも掲載されている。

※本文中の▽はハートマーク。

コミックナタリーをフォロー