「海賊とよばれた男」コミカライズ連載、イブニングで始動

91

本日2月25日に発売されたイブニング6号(講談社)にて、百田尚樹「海賊とよばれた男」のコミカライズ連載がスタートした。作画を手がけるのは、本そういちの別名義で、「永遠の0」のコミカライズも担当した須本壮一

イブニング6号

イブニング6号

大きなサイズで見る

「海賊とよばれた男」は、出光興産の創業者・出光佐三をモデルとした男を描くノンフィクションノベル。2013年に第10回本屋大賞を受賞し、累計発行部数は190万部を突破している。今号では新連載スタートを記念し、出光佐三の秘話を特集。終戦直後の8月17日に出光佐三が行った訓示の直筆原稿や、焼け跡で奇跡的に残った出光館の写真などを掲載している。

また今号では、長谷川伸原作による小林まこと「瞼の母」が最終回を迎えた。単行本は3月下旬に発売される予定だ。

須本壮一のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 須本壮一 / 本そういち / 小林まこと の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。