打首獄門同好会

打首獄門同好会

ウチクビゴクモンドウコウカイ

2004年9月に大澤敦史(Vo, G)、河本あす香(Dr)、高山明(B)の3人で結成。2006年3月の高山脱退を受け、同年11月にjunko(B)が加入し現在のメンバーが揃う。2009年5月には初の全国流通作品「庶民派爆弾さん」を発表。本格的なハードロック / メタルサウンドに生活感あふれる歌詞を乗せた“生活密着型ラウドロック”が注目を集め、幅広い支持を獲得した。同年7月に初の「FUJI ROCK FESTIVAL」出演を果たし、以降は数々の大型フェスやライブイベントで個性を発揮している。2018年3月には東京・日本武道館でのワンマンライブを実現。同年12月にjunkoが還暦を迎えたことを発表、2019年5月には農林水産大臣より「FANバサダー ROCK」に任命されるなど、音楽活動以外のニュースでも大きな話題を集める。9月には結成15周年を記念したベストアルバム「獄至十五」を発売した。

リンク

関連する画像