ステージナタリー

“妄想歌謡劇”「上を下へのジレッタ」開幕!横山裕が滝のような汗で熱演

403

シアターコクーン・オンレパートリー2017「妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』」フォトコールより。写真中央、中川翔子。

シアターコクーン・オンレパートリー2017「妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』」フォトコールより。写真中央、中川翔子。

関ジャニ∞横山裕が主演を務める「妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』」が、本日5月7日に東京・Bunkamura シアターコクーンで開幕。これに先がけフォトコールが本日行われた。

本作は、ヴァーチャル・リアリティの世界を“ジレッタ”と称して独自の表現で描き出した、手塚治虫のマンガ「上を下へのジレッタ」が原作。初の舞台化となる今回は、脚本・演出を倉持裕が手がけ、歌とダンスを盛り込んだ“妄想歌謡劇”として上演する。

フォトコールで公開されたのは、横山が演じる自称天才テレビディレクター・門前市郎と、本仮屋ユイカ演じる門前のブレーン・間リエが登場する1幕2場。テレビ業界を追われた門前が身辺を一新しようと、契約結婚していたリエに離婚を持ちかける場面だ。横山は野心家なダークヒーロー・門前を自信たっぷりかつミステリアスに演じる。本仮屋は一方的な門前に振り回されながらも世話を焼くリエをクールな演技で表現した。

続いて公開されたのは、物語も終盤の2幕8場。銀粉蝶が演じる塩釜栄子首相に、荒唐無稽な妄想によって作られた“ジレッタ”を初披露する場面だ。そこには竹中直人演じる“ジレッタ”のスポンサーとなった会社社長・有木足も登場。塩釜と有木は共に椅子に腰かけ、ヘッドホンを装着し“ジレッタ”の世界を体験することに。“ジレッタ”の中の妄想世界は歌とダンスで表現される。中川翔子が演じる小百合チエ、浜野謙太が演じる山辺音彦が楽しげに歌い踊ったかと思えば、舞台奥から横山が和装のダンサーを従えて登場。自らを追放した芸能界への復讐を企てていく……。このほか、馬場徹、小林タカ鹿、玉置孝匡ら個性豊かなキャスト陣も登場し、次々と“妄想歌謡劇”が繰り広げられた。

フォトコール前には横山、中川、浜野、本仮屋が取材に応じた。横山は「歌ってお芝居するのが初めての経験だったので、皆さんに助けていただきながら取り組みました」と述べる。稽古中の苦労を問われると「ボイトレを2カ月やったんですが、ティッシュ箱を頭に乗せて歩きながら歌ってたんです。これ意味あるのかな?と思いながらやってましたね(笑)。ティッシュ箱が落ちると怒られますし」と笑顔で語る。

そんな横山について中川は「原作マンガの門前が乗り移ってるようで、幕が開いた瞬間からギラギラして、すごいオーラなんです。ゲネプロでは、もう覚醒していました。代謝がいいのか、滝のような汗も吹き出してました」とエピソードを交えつつ、「横山さんはこの作品の大黒柱でありボスでありリーダーであり、もうゼウスのような存在です!」と大絶賛した。

在日ファンクのボーカルでもある浜野も「横山君は声が太いんですよ。座長としても頼りにしてますし、大明神のような人です」と横山を褒めちぎる。これを受けた横山は「あっつ! こんなに褒められることないんで、関ジャニのメンバーが見てたら恥ずかしいですわ」と照れ隠し。また浜野が「横山君とは連日一緒に飲んでるんです」と述べると、横山は「嵐の相葉雅紀くんにも会わせました」と明かす。さらに浜野は「横山くんは裸で楽屋に来るのをやめてほしい。肉体を見せびらかしてくるんですよ」と仲の良さをうかがわせた。

本仮屋は横山の印象について問われると「ずっと集中力が途切れないのがすごいです。この作品は仕掛けがとても多いので、スタッフさんと共演者の橋渡しまでしてくださって、本当に目がいくつあるんだろうって思います」とコメント。対して横山は「僕はジャニーズ在籍も長いので、スタッフさんとのやりとりも円滑なほうがいいのかなと思って……みんな、はよ帰りたいやろしなぁって」と笑顔をのぞかせた。また、おととい5月5日が中川の、明後日5月9日が横山の誕生日という話題になると、サプライズでバースデーケーキが登場したエピソードも飛び出し、座組の雰囲気の良さを垣間見せた。さらに、5月27日から「蜘蛛女のキス」に出演する大倉忠義、5月28日から「俺節」に出演する安田章大と、舞台出演が重なる関ジャニ∞のメンバーについて、横山は「ヤスくん(安田)からは『頑張ってねー!』というボイスメッセージが届きました。大倉からはまだきてないです(笑)」と語った。

最後に横山は、改めて本作について「畑も歌い方も違うバラエティ豊富な出演者たちが、舞台上でしか起きない化学反応を絶対起こすと思いますので、是非楽しんでください!」と観客に呼びかけた。公演は6月4日まで東京・Bunkamura シアターコクーンにて、6月10日から19日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて行われる。

シアターコクーン・オンレパートリー2017「妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』」

2017年5月7日(日)~6月4日(日) 東京都 Bunkamura シアターコクーン
2017年6月10日(土)~19日(月) 大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:手塚治虫
脚本・演出:倉持裕
音楽:宮川彬良
出演:横山裕中川翔子浜野謙太本仮屋ユイカ、小林タカ鹿、玉置孝匡馬場徹銀粉蝶竹中直人 ほか

ステージナタリーをフォロー