音楽ナタリー

AKB48レコ大2連覇達成!新人賞は家入レオが受賞

432

本日12月30日、「第54回 輝く!日本レコード大賞」の最優秀新人賞および大賞の発表が東京・新国立劇場にて行われた。

最優秀新人賞に選ばれたのは、今年2月にシングル「サブリナ」でデビューし、1stアルバム「LEO」をヒットさせた家入レオ。授賞式に参加した彼女は「本当に信じられない気持ち。いただけると思っていなかったのですごくうれしいです」と受賞の喜びを明かした。

そして大賞に選ばれたのは、AKB48の「真夏のSounds good!」。授賞の際、高橋みなみは涙ぐみながら「すごいうれしいです。去年はすごくとりたいという思いがあったんですが、今年はAKB48第2章としてとらなきゃと思ってこの場に臨んできました。この素晴らしいアーティストたちの中でとらせていただいたことを誇りに思います」と語る。そして大島優子は「今回はこのレコード大賞をファンの皆様と関わってくださったスタッフの皆様とメンバーのみんなととらせていただいたからこそ、来年はまた自分たちで新しい切り札を作っていきたいと思うので、どうか応援よろしくお願いします」と述べた。渡辺麻友は号泣しながら「これを誇りに思ってこれからもがんばりたいと思います。いろいろプレッシャーもあったんですが、こうして大賞をいただけてこれが自信につながって、次の結果につなげられたらと思います」と語った。

なお、最優秀アルバム賞を西野カナの「Love Place」、作曲賞を五木ひろしの「夜明けのブルース」を手がけたレーモンド松屋が、作詩賞を秋元康、最優秀歌唱賞を天童よしみが受賞。また編曲賞には中田ヤスタカが選ばれ、特別賞を受賞したきゃりーぱみゅぱみゅのパフォーマンス直前に客席から視聴者やオーディエンスに挨拶する一幕もあった。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ
  • スタッフ募>集のお知らせ