音楽ナタリー

ViCTiMレコ発イベントでファンの声援に感激「泣きそうになった」

351

ニューシングルのリリースイベントを行ったViCTiM。(撮影:青木早霞(PROGRESS-M))

ニューシングルのリリースイベントを行ったViCTiM。(撮影:青木早霞(PROGRESS-M))

ViCTiMがニューシングル「ゼロサム・ゲーム / ノン・ゼロサム・ゲーム」のリリースを記念して、2月28日に東京・ヴィーナスフォート 教会広場にてミニライブおよび特典会を開催した。

2月26日に愛知、27日に大阪でもリリースイベントを実施したViCTiMは、東京会場でも華やかなステージを披露した。教会の扉を開けて登場した2人が新曲「ノン・ゼロサム・ゲーム」を凛々しく歌い上げてイベントはスタート。曲が終わるとminatoは「出てくる直前から泣きそうだった」と明かし、VALSHEも「我慢したんだけど、ここに立って声援を聞いたらウッと泣きそうになった」と瞳を潤ませた。

続いて披露したのはシングルのMusing盤に収録されている「ポイズン・アップル・ジュース」。歌いながらコミカルなダンスを踊って見せるVALSHEに、客席からは「かわいい!」という歓声が上がる。またMCではマネージャーが購入した大阪限定味のポテトチップスをほかのみんなで食べてしまった話や、本イベントでヴィーナスフォートを初訪問したという和やかなエピソードを語り、観客の笑いを誘うひと幕もあった。

イベント終盤、2人は「温度上げていきましょう」というminatoの声をきっかけに「ゼロサム・ゲーム」を熱唱。迫力ある歌声に応えるように、観客も拳を振り上げていた。最後に、ViCTiM結成以前はVALSHEのサウンドプロデューサーを務めていたminatoが「2人でやると感じ方も違ってきて楽しい。とくにファンのみんなを前にして直接届く声はうれしくて心にグサッときます」とステージに立った感想を語り、ライブの幕は降ろされた。

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
ViCTiM VALSHE+minato新ユニット 旧知のパートナーとだからできる挑戦

音楽ナタリーをフォロー