音楽ナタリー

映画「新宿スワン」にMWAM、UVERworld新曲提供

6476

映画「新宿スワン」メインビジュアル (c)2015「新宿スワン」製作委員会

映画「新宿スワン」メインビジュアル (c)2015「新宿スワン」製作委員会

5月30日に公開される映画「新宿スワン」の主題歌がMAN WITH A MISSIONの新曲「Dive」に決定。また映画の挿入歌にはUVERworldの新曲「Collide」が使用されている。

園子温が監督を務める映画「新宿スワン」は「週刊ヤングマガジン」にて連載されていたマンガを実写映画化したもので、綾野剛や山田孝之、沢尻エリカらが出演する。映画の主題歌を担当するMAN WITH A MISSIONのJean-Ken Johnny(G, Vo, Raps)は、今回のタイアップについて「真ッ直グデ純粋ナ主人公ガ自身ノ意味ヲ見出サント、現実ト理想ノ葛藤ニ苛マサレナガラモ成長スル姿トソノ心ガ、我々ノ楽曲『Dive』ノ詞ト世界観ト自分デモ驚ク程化学反応ヲ起コシテ共鳴スルモノニナッタト勝手ニ喜ンデオリマス」とコメント。また主演の綾野とはプライベートでも親交があるというUVERworldのTAKUYA∞(Vo)は「自分の生き方、ポリシーに対する世間や敵対勢力との戦い、法律とはまた違う夜の街のルールに葛藤しながらも正面からぶつかっていく主人公の気持ちと重ね合わせています」と新曲制作の背景を明かしている。

なおYouTubeではMAN WITH A MISSIONの「Dive」の一部を聴くことができる映画の特報映像が公開されている。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

Jean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION) コメント

原作漫画ノ連載時、掲載サレテイタ「週刊ヤングマガジン」発売ガ待チキレヌ程ノメリ込ンダ大好キナ作品。作者ノ実体験モ元ニサレテオリ、極道会ト風俗業界ノリアルナ恐ロシサヲ突キツケ、エグイ程ノ復讐ト憎悪ノ螺旋ガ描カレナガラモ、登場人物ノ繊細デ赤裸々ナ感情描写ニ自分ハ虜ニナッテオリマシタ。ソンナ作品ガコレダケ豪華ナキャスト・スタッフノ手ニヨリ映画化サレ、素晴ラシイ作品ニナッタ事ニ1ファントシテ心ヨリ感動シテオリマス。
欲望渦巻ク新宿ヲ舞台ニタダ一人舞イ降リタ白鳥(スワン)ノ如ク、真ッ直グデ純粋ナ主人公ガ自身ノ意味ヲ見出サント、現実ト理想ノ葛藤ニ苛マサレナガラモ成長スル姿トソノ心ガ、我々ノ楽曲「Dive」ノ詞ト世界観ト自分デモ驚ク程化学反応ヲ起コシテ共鳴スルモノニナッタト勝手ニ喜ンデオリマス。願ワクバ映画ヲ御覧頂ク皆様ニトッテモ作品ト切リ離セナイ楽曲ニナッテクレタラ嬉シイデス。

TAKUYA∞(UVERworld) コメント

原作よりさらに濃く伝わる“迫力”というものに引き込まれ、その世界感にどっぷり浸かり見入ってしまった。それが映画「新宿スワン」を最初に見た僕の感想でした。
その気持ちが冷めぬまま楽曲制作も同時に進行し、スタジオ内でバンドメンバーみんなで意見を出し合って生まれたのが今回の「Collide」。
自分の生き方、ポリシーに対する世間や敵対勢力との戦い、法律とはまた違う夜の街のルールに葛藤しながらも正面からぶつかっていく主人公の気持ちと重ね合わせています。
また、主演の綾野剛さんとはご飯を一緒にしたりライブに来てくれたり等普段から親交があり、一緒に何かやれたらいいねと言っていた事が現実になったこのチャンスにUVERworldとして全力で応じたい!と気を引き締め今回臨ませて頂きました。
どのシーンで流れるか実際に劇場でご覧頂きお楽しみいただければと思います。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】