映画ナタリー

ゴーギャンのタヒチ時代描く映画が公開、主演はヴァンサン・カッセル

198

「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」

「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」

フランスの画家ポール・ゴーギャンをヴァンサン・カッセルが演じた「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」の公開が決定した。

エドゥアルド・デルックが監督を務めた本作は、フランス領ポリネシア・タヒチ島に滞在していた頃のゴーギャンの愛と苦悩を描く映画。最愛の妻や子供たちと別れてタヒチ島に渡ったゴーギャンは現地で出会った美しい女性テフラと恋に落ち、数々の作品を生み出していくが、楽園のようだった彼の生活はやがて困窮を極めていく。

「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」は、2018年1月27日より東京のBunkamuraル・シネマほか全国で公開。

※「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」はR15+指定作品

(c)MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT

映画ナタリーをフォロー