映画ナタリー

5mの巨大アイアンマンやマーベル誌第1号も!「マーベル展」六本木で明日開幕

786

「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」オープニングセレモニーの様子。

「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」オープニングセレモニーの様子。

展覧会「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」のプレス内覧会が、本日4月6日に東京・六本木ヒルズ展望台の東京シティビューにて開催された。

「アベンジャーズ」「アイアンマン」「スパイダーマン」のコミックや映画など、これまでに数々のエンタテインメント作品を生み出してきたマーベル。この展覧会は、日本初公開の資料をはじめ、映画で使用された衣装や小道具など約200点を展示するものだ。

52階のエレベーターを降りてすぐ目に入るのは、5月12日公開の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」とコラボしたMARVEL CAFE。店頭にスター・ロードらのパネルが設置されたこのカフェでは、キャラクターにちなんだ特別メニューを提供する。

そしてエントランスでは、日本初公開となる高さ5mの巨大アイアンマンがお出迎え。こちらは日没後から22時までの間、30分に1度ライトショーが開催される。

そして始まる第1ゾーンのテーマは「MARVEL×HISTORY」。1939年にマーベル社の前身タイムリー・コミックスによって刊行されたアンソロジーコミック誌マーベル・コミックス第1号のほか、マーベルの歴史をおさらいするパネルが展示されている。

第2ゾーン「MARVEL×HERO」には、映画版の衣装や原画がずらり。ソー、ロキ、ドクター・ストレンジ、アイアンマン、キャプテン・アメリカらの戦闘コスチュームだけでなく、彼らの普段着やスーツも見ることができる。中にはアイアンマン・マークIのレプリカや、戦いによって破損したマーク42も。8月11日公開の「スパイダーマン:ホームカミング」からは、トニー・スタークが開発した最新のスパイダーマンスーツも用意された。

そして第3ゾーンはマーベル・シネマティック・ユニバースの世界観を紐解く「MARVEL×CINEMATIC UNIVERSE」。またコミックのカバーアートを集めた第4ゾーン「MARVEL×ART」では、真島ヒロ村田雄介ゆでたまごによるマーベルヒーローのイラストを見ることができる。マーベルが他のカルチャーへ与えた影響を解説する最終ゾーン「MARVEL×CULTURE」を抜けると、オフィシャルショップへ。文房具やバッグのほか、フィギュアやファッションアイテムもそろえられている。

なお本日行われた同展のオープニングセレモニーには、コミック「アベンジャーズ」の元編集担当トム・ブリーヴォートがマーベル本社から来日。さらにゲストのメイプル超合金が、カズレーザーはアイアンマン、安藤なつはハルクを意識した衣装で登場した。ブリーヴォートから「ラブリーですね。コミックの中にいる気分です」と言われると、カズレーザーはすかさず「公式にキャラクターとして使ってもらえるってことですか? あとでどれくらいの(ギャランティの)取り分になるかお話しましょう」と笑いを誘う。好きなマーベルキャラを聞かれたブリーヴォートが「なかなか1つは選べないですが、今日はこのプリティハルクで」と安藤を指名すると、カズレーザーは「アーユーOK!? 時差ボケでやられちゃった!?」と心配していた。セレモニーでは3人が5mのアイアンマンのライトを点灯。最後にブリーヴォートが「マーベルの世界は今後もより広がっていきます。皆様ぜひこちらにお越しいただいて、マーベルユニバースに足を踏み入れてください」とアピールした。

「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」は、明日4月7日から6月25日までの開催。なお六本木ヒルズでは「マーベル プロジェクト @六本木ヒルズ」と題してフォトスポットや「ハルク VS ハルクバスター」の実物大フィギュアが設置されるほか、さまざまなショップでコラボ商品が展開される。

マーベル展 時代が創造したヒーローの世界

2017年4月7日(金)~6月25日(日)東京都 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
※会期中無休
開場時間 10:00~22:00 ※最終入館 21:30
入場料:一般 1800円 / 高校・大学生 1200円 / 4歳~中学生 600円 / シニア 1500円
※展望台、森美術館の入場料を含む

(c)2017 MARVEL

映画ナタリーをフォロー