映画ナタリー

菅田将暉や横浜流星らグリーンボーイズ、1万6000人の前でぶっ飛ぶ

3147

グリーンボーイズ

グリーンボーイズ

菅田将暉横浜流星成田凌杉野遥亮からなるユニット、グリーンボーイズが、本日1月7日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われたGReeeeNのライブ「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル~デル~デ♪』」に出演した。

GReeeeNの楽曲「キセキ」が誕生するまでの歩みを描く「キセキ ーあの日のソビトー」から生まれたグリーンボーイズ。約1万6000人が集結した会場一面にグリーンのペンライトの光が灯る中、スクリーンに「キセキ ーあの日のソビトー」のダイジェスト映像や「GReeeeNさん お先に失礼します。byグリーンボーイズ」というメッセージが映し出されたあと、グリーンボーイズが登場。彼らは大歓声が湧き上がる中「キセキ」を歌い始めた。そして菅田が「短い時間ですが、楽しんでいきましょー!」と叫んだのを合図に4人は「声」を歌唱し、ステージをあとにした。

終演後には、グリーンボーイズを代表して菅田の囲み取材が行われた。菅田は「皆さんのパワーがすごかった。歌を届けるっていうことが純粋に楽しくて、ついつい騒いでしまいました」と述懐。またパフォーマンス終了後のメンバーの様子を「みんな大興奮でした。実はカオスというか、コンフューズというかぶっ飛んじゃってるという感じで」と明かし、「日本武道館やドームでライブをしてみたいですか?」という記者の質問には「立てるなら立ちたいですけどね。行くとしたら次は自力で行きたいですね。今日のGReeeeNさんのような景色が見えるんじゃないかなと思います」と答えた。

「キセキ ーあの日のソビトー」は1月28日より全国でロードショー。公開に先駆けて、グリーンボーイズのデビューシングル「グリーンボーイズ」が1月24日にリリースされる。

(c)2017年「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

映画ナタリーをフォロー