映画ナタリー

キスマイ玉森裕太が世界の命運握るコソ泥に、「キング・オブ・エジプト」声優発表

751

左画像は、ザヤの声を担当する永野芽郁。右画像は「キング・オブ・エジプト」より、ザヤ役のコートニー・イートン(左)とベック役のブレントン・スウェイツ(右)。

左画像は、ザヤの声を担当する永野芽郁。右画像は「キング・オブ・エジプト」より、ザヤ役のコートニー・イートン(左)とベック役のブレントン・スウェイツ(右)。

Kis-My-Ft2玉森裕太と「俺物語!!」の永野芽郁が「キング・オブ・エジプト」の日本語吹替版で、主人公ベックとヒロインのザヤの声を担当することがわかった。

本作は、神と人間が共存する古代エジプトを舞台に、コソ泥青年ベックが暴君に捕らわれた恋人ザヤを救うべく、王座をかけた戦いを繰り広げる冒険アクション。王座に就くうえで重要なアイテム“神の眼”を盗み出そうと困難に立ち向かうベックをブレントン・スウェイツ、ザヤをコートニー・イートンが演じる。そのほかの出演者には、ニコライ・コスター=ワルドウジェラルド・バトラーエロディー・ユンジェフリー・ラッシュの名が並ぶ。

吹替声優に初挑戦する玉森は「お芝居と違って声だけで表現するのは初めての経験なので、たくさん吸収出来るように頑張っていきたいです」と意気込みを語る。玉森の起用について、宣伝プロデューサーは「日本版ベックを考えたときに大事にしたのは、主人公が持つ“逆境に屈しないポジティブさ”“親しみやすさ”そして“カリスマ性”。玉森さんなら同い年のスウェイツが映画にもたらした存在感を引き上げてくれると確信した」とコメントを寄せている。

同じく声優初挑戦の永野は、話を受けて驚いたと語りながらも「あんな綺麗な方の声を私がですか? セクシーボイスが出せるよう今から練習します(笑)」と頼もしいコメント。起用理由についてはプロデューサーは「モデル出身のシンデレラガール」と、イートンとの共通点を挙げたのち「“心の純粋さ”を真っ直ぐに届けることができる柔らかな人柄が、この役に非常に重要だと思ったからです」と永野への期待を語っている。

監督を務めたアレックス・プロヤスも玉森と永野の声を聴いて絶賛しているという。「キング・オブ・エジプト」は9月9日より東京・TOHOシネマズ スカラ座ほか全国にてロードショー。

玉森裕太 コメント

古代エジプトのお話と現代の映像技術が融合した、新しく想像を超えた作品なので、
今からアフレコをすることが楽しみです。
ただ、お芝居と違って声だけで表現するのは初めての経験なので、
たくさん吸収出来るように頑張っていきたいです。

永野芽郁 コメント

今回はじめて声のお仕事を頂いて、本当に私で大丈夫ですか?と驚きました。
でも作品を観てあの凄い世界観に入れること、ザヤの声を演じられることが今から楽しみです。
あんな綺麗な方の声を私がですか、、?
セクシーボイスが出せるよう今から練習します(笑)

(c)2016 Summit Entertainment,LLC.All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー