コミックナタリー

NHKでカルチャー番組「MAG・ネット」始動。マンガ大賞特集も

マンガ、アニメ、ゲーム、ネットを横断的に取り上げる新しいカルチャー番組「MAG・ネット~マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ~」が4月4日よりNHK BSにてスタートする。

番組のMCを務めるのは人気イラストレーター西又葵がデザインしたキャラクター、蝶伝寺さすけ、蝶伝寺ねね、さてつ。さすけ役を小野大輔、ねね役を後藤沙緒里が演じる。番組は2部構成で、メインコーナーでは制作現場の密着ドキュメントや識者たちの批評などにより、多角的に特集テーマの魅力を追求。またサブコーナーではポップカルチャーの最新ニュースを伝える。

4月11日の放送では、「マンガ大賞2010」を特集。大賞ノミネート作品を紹介するほか、選考の過程や授賞式の模様を追う内容だ。大賞に輝いた「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリと編集者との打合せ風景や、「宇宙兄弟」の小山宙哉へのインタビューも。またマンガ好きで知られる藤本由香里、岡田斗司夫らによるトークも放送される。

「MAG・ネット~マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ~」はNHK BS2にて毎週日曜23:50より放送予定。また毎週金曜24:20よりBShiにて再放送される。なお4月4日は「初音ミク」、4月18日はアニメーション映画「マイマイ新子と千年の魔法」が特集される予定だ。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞