コミックナタリー

荒木飛呂彦、ヤマザキマリらが語る「映画と本の意外な関係」kotobaに

536

発売中のkotoba23号(集英社)では「映画と本の意外な関係」と題した特集が組まれており、荒木飛呂彦ヤマザキマリへのインタビューがそれぞれ4ページずつ掲載されている。

荒木へのインタビューでは、映画を鑑賞する際に分析しながら観るという姿勢や、原作の存在する作品を映画化する際のキャスティングなどについて言及された。一方ヤマザキは「デルス・ウザーラ」や「カオス・シチリア物語」などの映画と、各タイトルの原作について考察。このほか特集には冲方丁や大森望らも登場している。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】