コミックナタリー

豚ネタで大盛り上がり!「七つの大罪」試写会

175

鈴木央原作によるTVアニメ「七つの大罪」第1話の東京試写会とキャストによるトークショーが、去る9月26日に東京のサイエンスホールにて行われた。

トークショーにはメリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天、ホーク役の久野美咲、ディアンヌ役の悠木碧の4名が出演。1話の上映前にまず登場した4人は満員の観客に驚きの声を上げ、梶は「本当にありがとうございます」と笑顔を見せた。また見どころを尋ねられた悠木は「最初のエリザベスの服がセクシーで……お尻の肉がすごくいいんです!」と力説し、会場の笑いを誘っていた。

第1話の上映終了後は、舞台袖から再び登場した久野の立ち位置にホークのぬいぐるみが陣取っているという寸劇をはさみつつトークショーへ突入。好きなキャラクターを聞かれた雨宮は、「ホークちゃんが大好き。駆け回っているのを見るとお腹が減っちゃうんですよねえ」と屈託なく語り、久野を青ざめさせていた。

またトークショーでは各キャストが書いた、自分の担当キャラクターのキーワードを他の3人が当てるというゲームコーナーも。エリザベスの番では雨宮が書いた「スタイル抜群」「泣き虫」といった特徴を当てるはずが、梶と悠木が「おっぱい!」「太もも!」「脇の下!」と自分の好きな部位を連呼するという事態に。そんな中おずおずと手を上げた久野は「王女様」「優しい」というキーワードを見事に当ててのけ、場を大いに盛り上げる。

そしてイベントの最後にコメントを求められた久野は、アフレコ現場で梶から「豚野郎」と呼ばれていたという事実を笑いながら暴露。梶は「語弊があるね!」とフォローしつつ、「とてもいい雰囲気の中で収録できていて、それが作品にも表れていると思います」とその出来に自信を見せる。そして「映像も音楽も素晴らしいものに仕上がっています。これから先が長い作品ですが、ぜひ最後まで応援して下さい」と締めくくった。アニメ「七つの大罪」は本日10月5日17時から、MBS/TBS系全国28局ネットにて放映をスタート。

コミックナタリーをフォロー