コミックナタリー

山岸凉子

山岸凉子

ヤマギシリョウコ

1947年9月24日北海道札幌市生まれ。北海道女子短期大学美術科卒。1969年りぼんコミック(集英社)に掲載された「レフトアンドライト」でデビューし、上京。竹宮惠子 、萩尾望都、大島弓子らと並び少女マンガの革新を担った花の24年組と呼ばれた。1971年りぼん(集英社)で連載されたバレエマンガ「アラベスク」がヒット。ホラー短編を多数発表した後、活躍の場を白泉社に移す。1980年LaLa(白泉社)にて聖徳太子を超能力を持った同性愛者として描き話題になった「日出処の天子」を連載。同作で1983年度第7回講談社漫画賞を受賞、その類まれなる構成力、複雑な心理描写が高い評価を得た。2000年よりダ・ヴィンチ(メディアファクトリー)でバレエマンガ「舞姫 テレプシコーラ」を連載し、2007年度第11回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞。その他の代表作にファンタジー「妖精王」、ホラー短編「わたしの人形は良い人形」、邪馬台国の巫女王ヒミコを描いた「青の時代」などがある。

山岸凉子のニュース

コミックナタリーをフォロー