ナタリー PowerPush - 乃木坂46(高山一実)

高山一実、ひとりのビッグショー

メンバーとはライバル以前にお互いを支え合いたい

──乃木坂46は現在33人のメンバーがいますが、元々大人数で過ごすことや団体行動は苦手じゃなかった?

インタビュー風景

私の地元の学校は人数が少なかったこともあって、幼稚園から小学校、中学校まで同じメンバーでそのまま上がっていったんですよ。女子が20人弱だったけど、ビックリするくらいケンカをしませんでしたね。口ゲンカもなければ、悪口を言い合ったことも一度もなくて、そういう環境で育ってきたから団体で過ごすことは苦じゃないです。でも、ずっと同じ子たちと過ごしてきた中で、いきなり乃木坂46で全く知らない子たちと一緒になったので、いきなり仲良くなるのは難しかったですね。相手のことをよく知らないから、いつ傷つけることを言ってしまってるかわからないですし。

──でも、だんだんと仲良くなっていったと。

今では「誰と仲が良いの?」って訊かれるのが一番困るくらい、みんなと仲良くなりましたよ。でも、最初はちょっと大変だったな。乃木坂46に受かったことで乃木坂46という女子だけのクラスに初めて入ることになって。今となってはすごく良かったなと思います。みんなとっても優しいので、毎日がすごく楽しいですよ。

──じゃあ今は特に悩みもなくやれてる?

いえいえ。正直な話、今メンバーの中に悩みのない子はいないと思うんですよ。それを抱え込まないようにしていくのが、目標に向かっていくにはまず大事なんじゃないかなって。だからお互いがライバルっていう以前に、とにかく支え合っていこうと思ってます。

AKB48はカメラが回ってなくても「ずっとアイドル」

──乃木坂46に入る前は、AKB48のことはどう思ってました?

日常生活の中でAKB48さんの曲をすごく耳にしてましたし、テレビでもよく観ていたので、遠い存在というか「平成を代表するアイドル」というイメージを持ってました。でも、自分から進んで曲を聴いてるわけではなかったですね。

──今では仕事でAKB48のメンバーと一緒になる機会も増えてきたと思いますが、実際に会ってみた印象はどうでしたか?

自分の中では不思議な感じはしたんですけど、「ずっとアイドル」なんだなって。あまり日常の部分が見えないというか、ずっとアイドルとして生活してるのかなって気がしました。渡辺麻友さんとドラマで共演したんですけど、カメラが回っているときもアイドル、カメラが回ってなくて私たちの前にいるときもアイドルなんですよ。

──一度外に出たらアイドルの自分を突き通すような。

はい、そんな感じがして本当にすごいなと。自分には真似できないかもしれないけど、尊敬してます。

「偶然を言い訳にして」はちゃんと自分の声が聴こえる

──高山さんは2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「偶然を言い訳にして」にも参加していますが、この曲は前作「ぐるぐるカーテン」にはなかったタイプですね。

インタビュー風景

今までは「ぐるぐるカーテン」も「おいでシャンプー」も大人数で歌っているから、アイドルになって自分の歌声がCDに入ってるっていう実感があまりなかったんです。でも、「偶然を言い訳にして」はいつもより少ない4人で歌っていてソロのパートもあって、CDを聴くとちゃんと自分の声が聴こえるんですよ。それはすごくうれしかったですね。

──なるほど。

でも、私だけ年下だし、私だけ黒髪だし、ひとり浮いてるんじゃないかなって気もしていて。自分がどんな立ち位置にいたらいいか、どう立ち振る舞ったらいいかわからなくて、これからその居場所を見つけられたらいいなと思ってます。あの、私いつも思うんですけど、よくオーディションに受かったなって(笑)。考えれば考えるほど「これは全部嘘なんじゃないか?」って思っちゃうんです。

地元を離れて親や友達の大切さに気付いた

──それでは、乃木坂46に入る前と今とで、自分の中でここは変わったな、成長したなっていうところはありますか?

周りの人に頼らなくなったことです。地元から上京して家族と離れて暮らしてるんですけど、乃木坂46の活動が始まってからは地元の幼なじみともあまり会えなくなって。身近にメンバーはいるんだけど、ひとりでがんばらなきゃいけない世界なんだなって思ったんです。それまでの周りに頼っていた自分っていうのは、本当にくだらないことで悩んだりして周りに話を聞いてもらってたんですけど、今はちょっとしたことならひとりで耐えていけるようになって。

──芸能界っていう厳しい世界にひとりで飛び込んだわけだから、ひとりでなんとかがんばらなきゃって思うようになったと。

はい。あと、地元を離れて暮らすようになって初めて、親のありがたみや友達の大切さに気付いて。そこに気付けてうれしかったですね。

──じゃあ最後に、高山さんの今後の夢や目標を教えてもらえますか?

乃木坂46として早くみんなでコンサートをやりたいですね。いつかはやれるとは思うんですけど、できることならたくさんやりたい。そして、最終的には日本武道館でコンサートがやりたいですね。そこにたどり着くまではまだまだ先は長いけど、33人全員の力が集まれば絶対に大きなステージにいつか立てると思うので。絶対に武道館のステージに立ちたいですね。

インタビュー風景

ニューシングル「おいでシャンプー」 / 2012年5月2日発売 / Sony Music Records

  • 「おいでシャンプー」Type-A
  • Type-A 初回限定仕様 [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7966~7 / Amazon.co.jp
  • Type-A [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7966~7 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」Type-B
  • Type-B 初回限定仕様 / [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7968~9 / Amazon.co.jp
  • Type-B [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7968~9 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」Type-C
  • Type-C 初回限定仕様 [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7970~1 / Amazon.co.jp
  • Type-C [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7970~1 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」通常盤
  • 通常盤 [CD] 1000円(税込)/ SRCL-7972 / Amazon.co.jp
Type-A
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 偶然を言い訳にして
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 偶然を言い訳にして off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 偶然を言い訳にして -MUSIC VIDEO-
  3. 生田絵梨花×ヒロシュー
  4. 伊藤万理華×有元沙矢香、山本真希
  5. 衛藤美彩×二宮崇
  6. 川後陽菜×山田篤宏
  7. 川村真洋×渡邊直
  8. 齋藤飛鳥×阿相クミコ、山田一仁
  9. 斎藤ちはる×大形美佑葵
  10. 斉藤優里×榮良太
  11. 桜井玲香×内村宏幸
  12. 西野七瀬×萩原健太郎
  13. 松村沙友理×佐藤有一郎
Type-B
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 水玉模様
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 水玉模様 off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 水玉模様 -MUSIC VIDEO-
  3. 安藤美雲×松田一輝
  4. 生駒里奈×青山裕企
  5. 市來玲奈×掛川康典
  6. 岩瀬佑美子×村山和也
  7. 柏幸奈×青松拓馬
  8. 高山一実×松本博樹
  9. 永島聖羅×石井貴英
  10. 橋本奈々未×杉本達
  11. 畠中清羅×佐藤大輔
  12. 大和里菜×フラッシュハリー
  13. 和田まあや×岩元正幸
Type-C
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 狼に口笛を
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 狼に口笛を off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 狼に口笛を -MUSIC VIDEO-
  3. 伊藤寧々×デハラユキノリ
  4. 井上小百合×森田一平
  5. 白石麻衣×長崎愛
  6. 中田花奈×手塚眞
  7. 中元日芽香×マツモトジュンイチ
  8. 能條愛未×鈴木真人
  9. 樋口日奈×池田圭太
  10. 深川麻衣×入江和宏
  11. 星野みなみ×川島小鳥、箕浦建太郎
  12. 宮澤成良×カツヲ
  13. 若月佑美×岡川太郎
通常盤
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. ハウス!
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. ハウス! off vocal ver.
乃木坂46(のぎざかふぉーてぃしっくす)

乃木坂46

2011年8月に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。グループ名の「乃木坂」は最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」に由来する。総合プロデュースはAKB48同様、秋元康が担当。全国規模のオーディションにより、3万8934人の応募の中からスターティングメンバーとして33人が選出された。2012年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」で待望のメジャーデビュー。オリコンウィークリーチャートで初登場2位を記録し、2012年4月現在セールスは20万枚を突破している。同年5月には早くも2ndシングル「おいでシャンプー」をリリース。