ナタリー PowerPush - 乃木坂46(高山一実)

高山一実、ひとりのビッグショー

山口百恵や松田聖子など昭和のアイドルが大好きな高山一実には、実際に昭和のアイドルになりきってもらう場を用意。ステージが設置された都内のカラオケボックスで、「高山一実 ひとりのビッグショー」と題したソロステージを展開してもらった。

約1時間のステージを終えると、別室でインタビューに突入。テーブルに用意された1970~80年代のアナログレコードを初めて目にした高山は、「CDジャケットの裏側に載ってる、小さいやつしか見たことなかったんですけど。うわーっ、本物だーっ!」「聖子ちゃんだーっ! うわーカワイイーっ!」とテンションを高めながらインタビューに臨んだ。

取材・文 / 西廣智一 撮影 / 笹森健一 企画 / 富樫奈緒子
撮影協力 / コート・ダジュール目黒駅西口店

「高山一実、ひとりのビッグショー」セットリスト

  1. 赤いスイートピー [松田聖子]
  2. 壊れかけのRadio [徳永英明]
  3. SWEET MEMORIES [松田聖子]
  4. 青い珊瑚礁 [松田聖子]
  5. 渚のバルコニー [松田聖子]
  6. スローモーション [中森明菜]
  7. 少女A [中森明菜]
  8. プレイバックPart2 [山口百恵]
  9. さよならの向う側 [山口百恵]

百恵ちゃんは歌だけじゃなくてトークもカッコいい

──好きな曲をたくさん歌っていただきましたが、1人で歌ってる姿を観る機会なんて滅多にないから、とても貴重でした。

お仕事でこういうことをするのは初めてでしたし。でも、すごく楽しかったです!

インタビュー風景

──それぞれのシチュエーションで、しっかりと松田聖子さん、中森明菜さん、山口百恵さんになりきってもらいましたが、そもそも現在18歳の高山さんがどうやってこういうアーティストたちの曲を知ったのかが気になるわけでして。

私は元々歌番組がすごく好きで、「昭和の名曲集」みたいに過去を振り返る番組をよく観てたんです。そこで初めて百恵ちゃんを観て、カッコいいと思ってネットでいろいろ調べていくうちに、どんどん好きになりました。

──じゃあ、最初は山口百恵さんから?

はい。で、うちはお父さんもお母さんも明菜ちゃんファンだったので、自然と明菜ちゃんの曲にも触れていて。それと、私は学校の選択授業で音楽を選んでたんですけど、課題曲で聖子ちゃんの「SWEET MEMORIES」を歌うことになって、そこからいろいろ調べて聖子ちゃんにハマっていきました。

──高山さんから観て、山口百恵さんの素敵なところってどういうところでしょう?

私、歌だけじゃなくてトーク……百恵ちゃんが出演したラジオの音源も聴いたんですけど……。

──ええっ!? そこまでいろいろ調べてチェックしたんですか?

はい。百恵ちゃんって言葉遣いがとても素晴らしくて。私と同い歳くらいのときでもしっかりした言葉遣いですし、コンサートのMCもしっかりしてるし。でも、インタビューになると幼くてかわいい一面もあるんですよ。歌ってるときも喋ってるときもすごく雰囲気があって、カッコいいなって常に思ってます。

──引退から30年以上経ってますが、こうやって高山さんの世代にもアピールする魅力を持ってるのはすごいことですよね。

当時の百恵ちゃんはアイドルだったかもしれないけど、今のアイドルとはまた違うと思うし。そういう意味ではアイドルってとても幅広いジャンルなんだなって思いますね。

歌ってる姿が素晴らしい人になりたい

──そんな高山さんが、自身もアイドルとしてデビューしたわけですが。どうして乃木坂46のオーディションを受けようと思ったんですか?

今の時代、AKB48さんがすごく注目を浴びていて、すごく人気もあるじゃないですか。でも私は「山口百恵さんみたいなアイドルが今の時代にいちゃいけないのかな?」って思っていて。例えば、AKB48さんみたいなグループの中に山口百恵さんみたいな人が1人でもいたら、また違うのかなって。だから、「もし自分がアイドルになったら、百恵ちゃんみたいになりたいな」って思って、合格するとは思わずにオーディションを受けたんです。

──じゃあ元々アイドルになってみたいっていう憧れがあった?

インタビュー風景

はい。でも、性格や根本的なものが百恵ちゃんとは違うので(笑)、本当に受かるとは思ってなかったんですよ。

──実際に乃木坂46の一員になったわけですが、自分のイメージしていた世界との違いは感じましたか?

私が好きな昭和のアイドルの皆さんは今のアイドルみたいな激しいダンスをしなかったので、そこでの表現の難しさに悩んで。今のアイドルはトーク力も求められるし、バラエティ番組に出演する機会が多いし。特に大人数のグループだと1人ひとりが個性を出すことが求められるし、かといって1人だけ違いすぎてもダメだと思うし。そのバランスを取るのが難しかったです。

ニューシングル「おいでシャンプー」 / 2012年5月2日発売 / Sony Music Records

  • 「おいでシャンプー」Type-A
  • Type-A 初回限定仕様 [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7966~7 / Amazon.co.jp
  • Type-A [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7966~7 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」Type-B
  • Type-B 初回限定仕様 / [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7968~9 / Amazon.co.jp
  • Type-B [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7968~9 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」Type-C
  • Type-C 初回限定仕様 [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7970~1 / Amazon.co.jp
  • Type-C [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7970~1 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」通常盤
  • 通常盤 [CD] 1000円(税込)/ SRCL-7972 / Amazon.co.jp
Type-A
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 偶然を言い訳にして
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 偶然を言い訳にして off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 偶然を言い訳にして -MUSIC VIDEO-
  3. 生田絵梨花×ヒロシュー
  4. 伊藤万理華×有元沙矢香、山本真希
  5. 衛藤美彩×二宮崇
  6. 川後陽菜×山田篤宏
  7. 川村真洋×渡邊直
  8. 齋藤飛鳥×阿相クミコ、山田一仁
  9. 斎藤ちはる×大形美佑葵
  10. 斉藤優里×榮良太
  11. 桜井玲香×内村宏幸
  12. 西野七瀬×萩原健太郎
  13. 松村沙友理×佐藤有一郎
Type-B
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 水玉模様
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 水玉模様 off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 水玉模様 -MUSIC VIDEO-
  3. 安藤美雲×松田一輝
  4. 生駒里奈×青山裕企
  5. 市來玲奈×掛川康典
  6. 岩瀬佑美子×村山和也
  7. 柏幸奈×青松拓馬
  8. 高山一実×松本博樹
  9. 永島聖羅×石井貴英
  10. 橋本奈々未×杉本達
  11. 畠中清羅×佐藤大輔
  12. 大和里菜×フラッシュハリー
  13. 和田まあや×岩元正幸
Type-C
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 狼に口笛を
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 狼に口笛を off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 狼に口笛を -MUSIC VIDEO-
  3. 伊藤寧々×デハラユキノリ
  4. 井上小百合×森田一平
  5. 白石麻衣×長崎愛
  6. 中田花奈×手塚眞
  7. 中元日芽香×マツモトジュンイチ
  8. 能條愛未×鈴木真人
  9. 樋口日奈×池田圭太
  10. 深川麻衣×入江和宏
  11. 星野みなみ×川島小鳥、箕浦建太郎
  12. 宮澤成良×カツヲ
  13. 若月佑美×岡川太郎
通常盤
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. ハウス!
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. ハウス! off vocal ver.
乃木坂46(のぎざかふぉーてぃしっくす)

乃木坂46

2011年8月に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。グループ名の「乃木坂」は最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」に由来する。総合プロデュースはAKB48同様、秋元康が担当。全国規模のオーディションにより、3万8934人の応募の中からスターティングメンバーとして33人が選出された。2012年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」で待望のメジャーデビュー。オリコンウィークリーチャートで初登場2位を記録し、2012年4月現在セールスは20万枚を突破している。同年5月には早くも2ndシングル「おいでシャンプー」をリリース。