ナタリー PowerPush - 乃木坂46(白石麻衣)

まいやん、下北ファッションスタイル初体験

絶叫マシンもお化け屋敷も苦手で「チキン」に

──乃木坂46はAKB48の公式ライバルという立ち位置ですが、元々AKB48のことはどう思ってましたか?

AKB48さんのことは、曲は知ってるっていうくらいだったんですよ。でも、乃木坂46に入ってからはAKB48さんのことがいろいろわかってきて尊敬するようになったし、6年かけて作り上げてきた歴史があるので、まだまだ未熟な私たちだけどいいところはどんどん盗んでいけたらいいなと思ってます。

──その6年かけて歴史を築き上げてきたAKB48に、結成から8カ月の乃木坂46が立ち向かうことについてはどう思いますか?

インタビュー風景

実際まだまだだと思うんですけども、いずれはちゃんとライバルグループと思われたいし、「AKB48の公式ライバル・乃木坂46」ではなくて単に「乃木坂46」と見られたい。だから、みんなで切磋琢磨してがんばるのみです。

──乃木坂46はAKB48を超えることを目標に、これまでにいろんなことに挑戦してきたと思います。特に印象に残っているチャレンジがあったら教えてください。

「乃木坂って、どこ?」で行った富士急ハイランドですね。できることならしばらく行きたくないです(笑)。

──そんなに怖い思いをしたんですか?

私、絶叫マシンが本当に苦手なんですよ。だから番組のスタッフさんから「今度番組収録で富士急ハイランドに行って、リアクション対決をやります」って話が出たときは本当に行きたくないって思って、「なんで私が選ばれたんだろう?」って感じたくらいです。絶叫マシンにも今まで一度も乗ったことがなかったんですけど、番組収録で初めて「FUJIYAMA」に乗ったら号泣して。終わって降りたときには膝から崩れ落ちたくらいなんです(笑)。

──お化け屋敷はどうですか?

あ、ダメです(笑)。富士急ハイランドでは「最恐戦慄迷宮」に入ったんですよ。以前テレビで観たときに「めっちゃ怖い!」っていう印象があったんですけど、入ってみたら本当にダメで即リタイヤ(笑)。その結果、周りから「チキン(弱虫)」と思われてしまって、メンバーからもよくそれをネタにいじられるようになりました。

いろんな場面でどんどん勉強して次につなげたい

──あと数カ月でオーディションを受けてから丸1年経つわけですが、「自分はオーディション前と今とではここが変わった」っていうところはありますか?

「乃木坂って、どこ?」っていう冠番組をいただいてテレビに出始めたり、デビューシングルが出る前にもいろんな取材を受けさせてもらって、カメラを向けられることが多くなって。最初の頃はどうしていいか全くわからなかったけど、最近はそういうところもちゃんとできるようになったと思うんです。でも、まだまだできないこともたくさんあるので、いろんな場面でどんどん勉強して次につなげていけるようにがんばりたいです。

──デビュー曲「ぐるぐるカーテン」のPVを初めて観たときも、「ああ、たった数カ月でここまで成長したんだ!」って驚いたくらいですし。

メンバーもみんな、そう思ったんじゃないかな。「ぐるぐるカーテン」のPVが完成して初めて観たときは、本当に感動したし、うれしかったし。これからもっとたくさんの作品を作っていきたいなって思いました。

いつかは乃木坂46として武道館でライブしたい

──では、白石さんの今後の目標を聞かせてください。

乃木坂46としては、AKB48さんの公式ライバルなんだけど、今やるべきことを1つひとつこなしていって、少しずつAKB48さんに近づけたらいいなと思っていて。いつかは乃木坂46として日本武道館でライブをやりたいです。

──やっぱり武道館は憧れの場所ですか?

はい。あんな大きな舞台に立って、大勢のファンの皆さんの前で歌を歌ってみたいです。それと、2ndシングルのあとに3rdシングルと、どんどん作品を出していきたいし、持ち歌をたくさん増やして単独ライブがやれるようになりたいなって思います。

──では、白石麻衣個人としては何か夢はありますか?

乃木坂46としての活動はもちろんなんですけども、ファッションが好きなのでモデルさんもやってみたいですし、演技にも挑戦してみたいし、幅広く活躍できたらいいなと思ってます。

──演技といえば、まゆゆ(AKB48の渡辺麻友)のドラマ「さばドル」にも乃木坂46として出てましたが。

あーっ、そうですね。あれが初めてのドラマ出演だったんですけど、ほんのちょっと出演するだけなのにすごく難しくて。あそこで勉強したことを、次の機会に活かせていけたらなって。だから、もっともっと勉強したいです。

インタビュー風景

ニューシングル「おいでシャンプー」 / 2012年5月2日発売 / Sony Music Records

  • 「おいでシャンプー」Type-A
  • Type-A 初回限定仕様 [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7966~7 / Amazon.co.jp
  • Type-A [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7966~7 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」Type-B
  • Type-B 初回限定仕様 / [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7968~9 / Amazon.co.jp
  • Type-B [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7968~9 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」Type-C
  • Type-C 初回限定仕様 [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7970~1 / Amazon.co.jp
  • Type-C [CD+DVD] 1600円(税込) / SRCL-7970~1 / Amazon.co.jp
  • 「おいでシャンプー」通常盤
  • 通常盤 [CD] 1000円(税込)/ SRCL-7972 / Amazon.co.jp
Type-A
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 偶然を言い訳にして
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 偶然を言い訳にして off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 偶然を言い訳にして -MUSIC VIDEO-
  3. 生田絵梨花×ヒロシュー
  4. 伊藤万理華×有元沙矢香、山本真希
  5. 衛藤美彩×二宮崇
  6. 川後陽菜×山田篤宏
  7. 川村真洋×渡邊直
  8. 齋藤飛鳥×阿相クミコ、山田一仁
  9. 斎藤ちはる×大形美佑葵
  10. 斉藤優里×榮良太
  11. 桜井玲香×内村宏幸
  12. 西野七瀬×萩原健太郎
  13. 松村沙友理×佐藤有一郎
Type-B
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 水玉模様
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 水玉模様 off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 水玉模様 -MUSIC VIDEO-
  3. 安藤美雲×松田一輝
  4. 生駒里奈×青山裕企
  5. 市來玲奈×掛川康典
  6. 岩瀬佑美子×村山和也
  7. 柏幸奈×青松拓馬
  8. 高山一実×松本博樹
  9. 永島聖羅×石井貴英
  10. 橋本奈々未×杉本達
  11. 畠中清羅×佐藤大輔
  12. 大和里菜×フラッシュハリー
  13. 和田まあや×岩元正幸
Type-C
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. 狼に口笛を
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. 狼に口笛を off vocal ver.
<DVD収録内容>
  1. おいでシャンプー -MUSIC VIDEO-
  2. 狼に口笛を -MUSIC VIDEO-
  3. 伊藤寧々×デハラユキノリ
  4. 井上小百合×森田一平
  5. 白石麻衣×長崎愛
  6. 中田花奈×手塚眞
  7. 中元日芽香×マツモトジュンイチ
  8. 能條愛未×鈴木真人
  9. 樋口日奈×池田圭太
  10. 深川麻衣×入江和宏
  11. 星野みなみ×川島小鳥、箕浦建太郎
  12. 宮澤成良×カツヲ
  13. 若月佑美×岡川太郎
通常盤
<CD収録曲>
  1. おいでシャンプー
  2. 心の薬
  3. ハウス!
  4. おいでシャンプー off vocal ver.
  5. 心の薬 off vocal ver.
  6. ハウス! off vocal ver.
乃木坂46(のぎざかふぉーてぃしっくす)

乃木坂46

2011年8月に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。グループ名の「乃木坂」は最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」、「46」は「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」に由来する。総合プロデュースはAKB48同様、秋元康が担当。全国規模のオーディションにより、3万8934人の応募の中からスターティングメンバーとして33人が選出された。2012年2月にシングル「ぐるぐるカーテン」で待望のメジャーデビュー。オリコンウィークリーチャートで初登場2位を記録し、2012年4月現在セールスは20万枚を突破している。同年5月には早くも2ndシングル「おいでシャンプー」をリリース。